知床シーカヤックシンポジウム

ナイノア・トンプソン氏来日の前に、今週末、とても気になるイベントが予定されている。それは知床シーカヤックシンポジウムというもので、あの新谷暁夫さんが主催する知床エクスペディションのプロ向けイベントという理解でいいんだろうか。プロのシーカヤックガイドやアウトドアガイドたちが、知床半島をカヤックで一周しながら、同行するお役人さんと共に夜な夜な議論を重ね、いわゆる自然保護やらエコツーリズムに対する問題提起を行う場でもあるらしい。

僕のようなシロートが、うっかり環境モンダイなんかに興味を持ってしまったばっかりに、陸上での感覚のまま海に出て危ない目に遭うことはホントに多い。だからこそ、プロのガイドさんが増えてくれたら、自然保護と観光の間に合理的なルールが確立されたら、それを可能にする理想のツアーが生まれたら、ホントにありがたい。

アウトドアは好きだけど、僕の場合、アウトドアに行くこと自体は目的ではない。アウトドアで見たことを持ち帰るために出かけているので、無事に帰れなくては行く意味がない。完全な自己責任。
となると、個人の力量によって行動範囲、すなわち学習できる範囲は限定されてくる。その範囲を広げてくれるのが正しいガイドさんというわけなのだ。彼らがいなくては、自己責任の旅すら始まらない。知床半島になんて、僕ひとりでは一歩も踏み込めないはずだからね。だからこそ、このイベントの成功を願い、そこで語られた内容を、広く世間に知らせてほしいと思っているわけです。

ところで内田さん、ナイノアとのイベントまでに時間通り帰れるのかな? 今回の日程には台風12号の北上がからんできそうなので心配なんだけど、いや、かなりマジで!
by west2723 | 2006-09-03 15:09


<< 海って気味悪くないですか? Surrealistic Pi... >>