<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

風のこととか雲のこととか湿度とか

こうしての〜んびりしていると、東京のオフィスビルにもたまにはいい風が吹いて来たり、月が見えていたりすることがわかる。もちろんこれまでも風や月には気づいていたけど、これまでは気づいても意味の無いものか無視すべきものだったように思う。都市生活にとって、しかもそれがビジネスタイムだったらなおのこと、たとえば風は邪魔なものだった。雨ともなればストレスの元でさえあった。できればプレゼンの前に汗などかきたくはないから、太陽でさえ邪魔に思うことがあった。

つまり都市生活と、そこで繰り広げられる効率的なビジネスは、常に均質な環境を求めている。スーツにシャツにビジネスシューズのコーディネイトを邪魔する湿度や大気の乱れは、すべてが不快なのだ。女性の靴はなぜかヒールが高く、しかも路面が固いので、男性以上に不自由を要求される。自然現象などに邪魔されているわけには行かない。だからこそ彼女たちのコーディネイトは、均質な環境が保証されたオフィスビルのみでしか使えない。ひとたび街に出ると満足な歩行すら難しく、たまに急ぐ場合には、非常に不格好なフォームで走らなくてはならない。

なんてことから少し離れることができた今、これに気づいたことは良かったと思う。何たって、今日の強風がまったく気にならなかったんだからね。風の強い日には、風に合わせてココロの状態をリセットすればいいのだ。台風の日には台風の日なりに仕事の進め方があるのではないか、と思う。自然現象には関係なく、時間だけを根拠に進められるビジネスには、「質」の上でバラツキが生まれるのではないだろうか、と気づく。何たって、ビジネスというのは機械ではなくて、自然の一部である人間が進めるものなんだからね。企画書の質は、きっと天気の影響を受けているはずなのだ。

会社を辞めると決めて、まず初めに気づいたのは、こんなあったり前のことだった。気づいたからこそ、またいつあの世界に戻っても大丈夫だとも言える。一方、あの世界を知らなければ、そこに住む人々のココロの状態がわからなかったはずだ。やはり、体験しなければ何もわからないもんだね。
天の時、地の利、人の和、を行動や勝利の根拠にするならば、天の時と地の利に関しては風にも雲にも天候にも逆らうことはできない。うん。オレもけっこういい感じになってきたじゃん。
by west2723 | 2009-08-31 22:28 | 陸での話

August

雨の多かった2009年の8月は、僕にとって会社を辞めるための1ヶ月となりました。
そうです。何を隠そう、20と数年通ったあの出版社を辞めて、晴れてフリーランスになることができました。まずはその報告をしておきたいと思います。

辞めたとは言ってもケンカ別れしたわけでもクビになったわけでもなく、今では多くの会社が採用するようになった「早期退職優遇制度」というものを利用した次第。思い立ったのは今年の5月で、それ以降、いろいろな可能性を探ってみて、まさに今が頃合いだと思ったのが7月でした。優遇だから会社も好条件で送り出してくれるし、仲の良かった編集者からはさっそく仕事の誘いは来るし、非常にいい感じで辞めることができそうです。このまま何もせずにのんびりしていればリタイアだし、新たな仕事を始めれば独立という道に分かれるところ。僕は当面、後者の道を選ぶことにします。

さあてと、どこから手をつけようかな、なんて考えてみるのはとても楽しいものですが、まずは最初の1ヶ月、体調を整えることから始めるつもりです。ダイエット&心肺機能の向上、というわけですね。このところ、広告という、まことに不健康きわまりない業界に関わることが多かったので、もとのコンディションを取り戻さなくてはなりませぬ。

しばらくはシングルスピードの、おバカなMTBが活躍しそうです。《Surly》製27インチのクロモリフレームで、サスもディレイラーもハナっからつける気ナッシング。パーツはすべてBMX用でまとめ、変速なんてメンドーなことはしないという心意気で乗るわけです。パーツ好きのマニアたちは誰もが絶句するけれど、自転車なんてこんなもんでいいのではないでしょうか? これでもけっこう上れるので、都内くらいは充分にカバーできるし、いいトレーニングにもなります。

そんなこんなで、残務処理と有給休暇消化と新たな仕事の構想を重ねるうちに8月も終わろうとしています。コンディションを整えた後に、どのような雑誌、出版物を出そうとしているのかは、おそらく皆さんが想像している通り。しかし、そっちの方は慌てずに、風向きを見ながら、ゆっくり始めます。経過はこのブログでも報告できると思いますので、今後ともシッタ激励、よろしくお願いしますね。
by west2723 | 2009-08-30 00:18 | 雑誌作り