<   2008年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

カヌーの上で

ようやく本を2〜3冊読める週末がやってきて、雨なので出かける気にもならず、内野さんの本も一気に読むことができた。何よりも、こういう読みやすい文章ってありがたいものです。これほどの内容、これほどの体験をまとめるとなると、プロのライターさんでも修飾語過多に陥ってしまい、結果的に「何も伝わらない」文章になってしまうことが多い。ところが内野さんの文章って天性なんだろうね、すべてのフレーズが直球でわかりやすい。わかりやすい上に、不意に詩的な言葉を使ったりするのでココロに響くんだと思う。

ところでこの本、改めて読み直してみるとパラオ〜沖縄間の話にとてもワクワクする。動力のないカヌーで進み、あるいは停滞する時の海のようす、空や風のようす、航海術のようす、そしてナイノアの判断。これまで幾度となく話には聞いていたけれど、こうして文章になってみると伝わってくるものがまるで違う。やはり表現の手段として、印刷物の力はスゴイと再認識できます。
ところで内容がリアルなだけにさらに際だつのは、内野さんの意外にあっけらかんとしたようすなのだ。たとえば無風帯でカヌーが停滞してしまい、ナイノアはじめ全員が眠りについた夜に、ひとりでデッキで空を眺めている、なんてあたり。

普通はこんな時、ブキミで仕方ないんじゃないかと思うけど、どうなんだろう? 動力も機器も備えた大型クルーザーの上でひとり、というんなら単なるロマンチックな話だけど、動力を持たない小さなカヌーが、どこにいるのかもわからない深夜の大海原で停滞した状態だからね。僕だったら心細くて泣いてしまうかさっさと寝てしまうだろう。さらには、ところどころに「寝るのが惜しくてデッキの上で過ごした」とあるけれど、1日4時間を2回、計8時間も立ったままステアリングを握るなんていう重労働をした後に、よくもまあ、そんなココロの余裕があるもんだなぁ、とも思う。

そんなこんなで、僕も言葉では伝統航海術というものを理解していたつもりだったけど、この本から航海の現場のようすを想像すると、とても並大抵の体力や精神力ではできないことがわかる。そんな過酷な状況を、少なくとも文章の上では気にも留めないようすの内野加奈子さんという人は、見た目にはホントに普通の女性だけど、やはりどこか突き抜けちゃっているというか、超人的な人なんだろうなぁと思う。やはり航海カヌーという乗り物には、誰でも乗れるというわけではないのだ。陸上では穏やかな〈ホクレア・クルー〉だけど、ひとたび大海原に出てしまうと、普段は眠っている超人的な資質が現れるのかもしれない。もちろん、訓練で作られる後天的な資質もあるんだろうけど。
by west2723 | 2008-06-30 20:03 | ホクレア

You have a wonderful land to call home.

c0090571_1422596.jpg6月26日、いよいよ〈ホクレア〉日本航海の記録、『ホクレア 星が教えてくれる道』が出版されます。写真/文ともに内野加奈子(名前を漢字表記に変えたんですね)さん。刊/小学館。1680円。

とても丁寧に作られた本です。全体は3章による構成で、1章は出航前からヤップ出航まで、2章はヤップ出航から沖縄到着まで、そして3章は沖縄到着から横浜到着まで。全178ページ書き下ろしです。当初は写真集になると聞いていたんだけど、手に取るとコンパクトな単行本で、内野さんお得意の美しいエッセイを、これまた美しい写真が繋ぐという仕掛け。写真集となると高価な本になっちゃうのかなぁ、と思っていただけに、この作り、この値段はうれしい限りです。

上に書いたタイトルは、この本の中でも最も印象的な場面で出てくる台詞です。皆さんも探してみてください。あの夏、海に浮かぶ「不思議なカタチをしたカヌー」を眺めながら、ゆったりした空気の中で見たこと、思ったこと、気づいたこと、驚いたこと、友だちと話したこと、などなどが、鮮やかに蘇るはずです。自分も居合わせたシーンに重ね合わせると、かなり胸に迫るものがあります。
ところでこの本、帯のコピーもいいね! 内野さんが書いたのか担当の編集さんが書いたのかは今のところ不明。どんなコピーかは本屋さんでのおタノシミ、ということで。
by west2723 | 2008-06-23 14:00 | ホクレア

Hawaii Aloha 2選

なぜか急にいろいろな『Hawaii Aloha』を聴きたくなってiTunes Storeを視聴していたら、Daniel Hoさんのスラッキーがココロに刺さりました。僕はどうやら、このようなギター練習の課題曲のような演奏が好みのようです。とは言え、控えめに入ってくるストリングスがとてもいい感じ。例によってチューニングがよくわからないのでコピーできないんだけどね。そしてもう1作お薦めは、Daniel Ho&ハーブ・オータさんによる、ウクレレの『Hawaii Aloha』です。

どちらもインストゥルメンタルなんだけど、この曲の、まるで溜め息のようなサビには、聴くたびに溜め息が出てしまいます。このような演奏をバックに、日本航海の写真をナレーションつきで流したらキレイだろうなぁ、と、今日のスライドショーに行けなかったワタシが申しております。雨の茅ヶ崎、盛り上がったのかな?
by west2723 | 2008-06-22 23:10 | 音楽

カマヘレ出航1周年

いろんな1周年があるけれど、明日21日は〈カマヘレ〉の横浜出航1周年だったんだね。忘れちゃいかんね。それを記念してというわけでもないんだけど、茅ヶ崎のYASUがライブに出演するらしい。藤沢の「Jam House」にて19時より。僕も行きます。翌22日は茅ヶ崎の「Afuafu」にて〈ホクレア〉日本航海のスライドショーで、写真は日本航海を追い続けた紅林敏明さん。この人の写真はアングルがとても男っぽいというかドラマチックというか、ワイドなレンズで〈ホクレア〉やクルーの懐深く飛び込んで行く感じが、スポーツ写真のようでとても新鮮。〈ホクレア〉の、やんちゃでカッコいい一面を見せてくれる写真ばかりです。

そして告知をもうひとつ。おなじみのDukeさんが何やら壮大な計画を立ち上げました。この心意気は〈カマ・ク・ラ〉そのものじゃないかと思います。今から実現できるできないを論じるよりも、焦らず、騒がず、煽らず、臆せず、諦めず、しかし意固地にもならず、少しでも気持ちを前に進めることが大切だと思っています。皆さんも、いろいろなカタチで見守り、応援してください。最大の壁は資金なんだけど、どこかに粋なタニマチさんはおられないものでしょうかね?
by west2723 | 2008-06-20 19:45 | ホクレア

9艇のOC-6

湘南アウトリガーカヌークラブ主催によるOC-6の大会に出かけてみた。「出かけてみた」なんて他人行儀な言い方はイカンね。僕も部員なんだから。まとにかく、会場の江ノ島東浜に着いてびっくり。何と9艇ものカヌーと7〜8艇のOC-1が浮かんでいるのだ。いつもこのような大会は、湘南に本拠地を置くクラブがカヌーを出し合って開かれてきたんだけど、今年はとうとう9艇になった。今までこんな光景はハワイでしか見たことがなかった。

本部のテントに向かう途中、いきなり飯沼誠司さんに声をかけられた。そしてその横では、呆気に取られる僕を見ながら荒木汰久治さんが笑っていた。あまりに懐かしいツーショットだ。この2人が日本で初めてプロのライフセーバーを名乗った頃、彼らのオーストラリア合宿を取材に行ったことがある。思えばあの取材をきっかけに、僕は海関係の取材を増やし、やがて〈ホクレア〉に辿り着いた。その後、飯沼はタレントへの道を進む一方、海を忘れることなく千葉県館山にライフセービングクラブを設立した。一方のタクジは、念願の〈ホクレア〉クルーとして日本航海に加わった。

この2人が日本のライフセービング競技を支え続けた功労者であることを誰も否定はしないだろう。今になって改めてこの2人が揃ってしまうと、時の流れというものを感じざるを得なくなり、ちょっとシミジミしてしまうのだった。
「これで鯨井さんがいれば、OB会としては完璧でしたね」「今日は茅ヶ崎での仕事で来られないんだって言ってましたよ」「相変わらず子どもたちに『海賊の心得』なんて教えてるんだろうね」
タクジが眼を患ったとは聞いていたけれど、ほぼ完治したとのこと。よかった。これからも気をつけて。それぞれ進む道は違うけれど、互いに元気でいれば、またこうして会うことができる。

決勝は江ノ島〜稲村ヶ崎〜由比ヶ浜を回って江ノ島に戻る約10km。遠く沖縄から参加のOCCJがブッちぎりでスタート・トゥ・フィニッシュを決めた。キモチいいくらいの強さだった。湘南アウトリガーカヌークラブからのチームも3位に入り、主催者の面目を保ってくれた。早朝4時30分に集合し、これだけのイベントを仕切り、安全に進行し、かつ3位に入り、その後も後かたづけをして……ということで、このクラブの組織力はスゴイなぁ、と再認識した。お疲れさまでした。などと言いながら、前日までこの大会が開かれることを知らなかったワタシではありますが。

9艇のOC-6ということは、同じ時間に54人がカヌーを漕いでいるということだ。〈ホクレア〉がやってきた七里ヶ浜を、今、54人ものパドラーが漕いでいると思うと、何かこう、カラダの芯が熱くなってくるような思いだった。やはり僕も、その中に加わりたいと思った。
一方で、アウトリガーカヌーは日本での競技人口が500人いるかいないかという、登場して間もないスポーツでもある。ここに集まった全員が仲間割れせずに、このスポーツを大切に育てて行ってほしいと思う。その道筋の向こうには、日本の航海カヌー〈カマ・ク・ラ〉が現れるはずなのだ。
ということで〈ホクレア〉七里ヶ浜来航1周年+1週間の今日、いいものを見せていただきました。
by west2723 | 2008-06-15 20:12 | 海での話

北海道の皆さん!

この週末6月15日、北海道ホクレアOhanaの皆さんのイベントには、ベリースペシャルなゲストが登場するようです。行ける人は札幌を目指しましょう。僕も行きたいけど、どうにもスケジュールが合わなくて……ゴメンナサイ。
by west2723 | 2008-06-09 21:47 | ホクレア

Hello, Ruby Tuesday

何だか今日は、人が会社を辞めるとか長い旅から帰ってきたとか、ケッコンするとか新しい仕事を始めるとか、そんな話を聞くことの多い日だった。その中には〈ホクレア〉に深く関わった人もいて、シゴトが変わるからしばらくは何もできないという話だった。いいじゃありませんか。新しいシゴトを頑張りましょう。

時間が過ぎるとは、こういうことなのだと思う。そして長い時間の後に、元の位置に戻っているというのもよくある話。本来であればただのつまらない月曜日に、いろいろ刺激を与えてくれた皆さん、ありがとう。
切なかったり勇気を与えられたり、Blue Mondayの後にはRuby Tuesdayがやってくる。明日はいつも新しいとマカさんは言っていたっけ。それでいいんだと思います。
by west2723 | 2008-06-02 20:27 | 陸での話

6月8日はホクレアデイ

ぼんやりしていたら、6月8日ってもう来週なんですね。そうです、七里ヶ浜に〈ホクレア〉がやってきて1周年。いろいろな情報は断片的に入ってくるのですが、今いち全体像が見えないので、ご存じの方、主催者の方、コメントにてお知らせ下さい。日曜日だし、僕は行きますよ。
by west2723 | 2008-06-01 20:33 | ホクレア