<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

カヌーのある暮らし

ニック加藤さんのトークショーにでかけた。そうです、この5月、ニックさんがハワイから日本に来ていたのだ。ピース・フレンドシップというグループの招きで神戸、和歌山、大阪を回り、そして最後に湘南・藤沢へ。去年の夏、ぷかり桟橋に集まった多くの顔ぶれとも再開できた。おかげで〈ホクレア〉の回りに漂う独特の「ゆったりした」空気が蘇り、1年ぶりに故郷に帰ったような、シアワセな気分に戻ることができた。

ミクロネシア〜日本航海の間、ニックさんは主にサタワル島、沖縄、そして〈ホクレア〉よりも少し先回りして周防大島で撮影を続けていた。お祭り騒ぎをかわすように動くニックさんには相変わらず「シブイぜ」と思ったもんだったけど、その後には今日見ることのできたような、美しい写真が残るというわけ。いやほんと、この一連の写真は、もっと多くのココロある人たちに見てもらいたい。

サタワル島では〈ホクレア〉の到着前後、合わせて3週間ほどを過ごしたという。電気や水道こそ無いけれど、長老から子どもたちまでの年齢構成がバランス良く、ほぼ自給自足が成立しているという平和な環境。その中で3週間を過ごしたというだけで、あのニックさんですらハワイに戻って半年くらいは「社会復帰」できなかったという。みんな同じような経験をしていたのだ。それを聞いて何となく安心すると同時に、みんなの「社会復帰後」が楽しみになってくるのだった。

タヒチを始めとする仏領ポリネシア、ハワイ諸島、ミクロネシア、そして沖縄のカヌーが淡々と映し出されるスライドショーにはココロが洗われた。それぞれの写真に対してニックさんが書いたシンプルな解説を、女声のナレーションが繋ぐ。音楽はウクレレ奏者であるニックさんの息子さん。ココロのこもった構成は、藤沢在住のアーティスト、ハーフ・ムーンの琢磨仁さん。スライドショーのタイトルは『カヌーのある暮らし』というものだった。「生活」ではなくて「暮らし」なのだ。ニックさん独特の、シンプルでありながら確信に満ちた言葉選びは健在だ。

訪れる島々の民家の軒先には、まるでママチャリのようにアウトリガーカヌーが置かれている。
「アウトリガーカヌーを見ると、ああ、この島の人たちも、みんな海とうまく調和しながら生きているんだなぁ、と思えてホッとするんですよ」
とニックさん。この人は〈ホクレア〉という1艇のカヌーだけではなくて、もっと広く海そのものを思いながら旅を続けて来たんだなぁ、と思った。
お陰さまで、店を離れる時にはとてもサワヤカな気分。行きには鬱陶しく思えた雨だったけど、まるでヒロの街にでもいるような気分で、楽しく濡れて帰ることができました。
by west2723 | 2008-05-25 04:24 | 陸での話

「ショウガの芽」報告

4月21日に書いた「ショウガの芽」に関するその後ですが、今は何と20センチくらいに伸びてきました。いつもはベランダで放ったらかしにしてますが、鉢の土が乾いてきたら水をあげればいい、という程度に大ざっぱなヤツらしいので、メンドクサがりの僕にはちょうどいいです。

それにしても伸びるのが速いね。こいつを見ていたら「ダルマさんが転んだ」を思い出します。見ている間はじっとしているくせに、目を離したら動いているという、あれです。目を離した隙に一気に成長しているのではないだろうか?

ところで僕が子どもの頃、1970年頃の横浜市港北区あたりでは、「ダルマさんが転んだ」ではなくて「乃木さんは偉い人」でした。あの頃の横浜に、なぜそんな遊びが残っていたんだろう? この話をすると、よく「ウソだろう?」と言われますがホントなんだからしようがないよね。

20センチまで成長したとは言え、未だに葉っぱが開かずに尖った棒のような状況です。これでいいんでしょうか? ちなみにショウガというものは観葉植物にもなるし、秋にはキレイな花も咲くそうです。1年間、けっこう楽しませてくれそう。
by west2723 | 2008-05-16 19:17 | 陸での話

慌てないということ

僕が〈ホクレア〉と関わるようになって、性格的に最も変わったことは「決して慌てなくなった」ということだと思う。高い出張費を払って向かったカワイハエで、来る日も来る日も炎天下で出航を待っていた日々。しかしあの場のゆ〜ったりした時間の流れの中にいると、なぜか全然ストレスを感じなかった。毎朝真剣なリーダーシップミーティングは行われているんだけど、結局は今日も出航は取りやめという判断が下る。そしたらその日もシゴトにはならない。しかしそれでも焦らなかったなぁ。むしろ、シロートにはわからない時空の先を見据えた判断があるのだろうと感じていた。

出航の準備が整っても、ステアリングを壊してまで〈ホクレア〉自身が出航を拒んだ。沖縄を見失ったために、糸満港では満潮で潮止まりという絶好のタイミングで入港することができた。福岡の出航が遅れたために、祝島では神舞の出迎えを受けることができた。すべては予定通りに進まなかったために、最良の結果を残すことができた。「待てば海路の日和あり」「急がば回れ」「ゆっくり急げ」「動かざること山のごとし」まあ、先人たちはいろいろな言葉を残してくれたもんだ。「慌てなくていい、いずれカヌーは現れる」と言ったのはタイガー・エスペリだ。

雑誌の話が進みません。組織の不備、条件の不備、スタッフの意志の不一致、などなど、このまま出航しても遭難すること間違い無しの状況なので、しばらくは風向きの変化を見ている以外にありません。一方、違う港から出港する内野かなこさんのフォトドキュメントは、出航予定こそ大幅に遅れるものの、準備は整いつつあるようす。まずはこちらに期待だな。「慌てなくていい、いずれカヌーは現れる」。そうなんだ。これまでもそうだった。モノゴトが動き始める時と言うのは、いつも雑誌のイメージが先に現れ、僕はそこに向かって進んで行くだけ、ということが多かった。

ということで、今は「風待ち」です。こういう時は、日頃テキトーにやっているルーティンワークを見直したり、カラダのコンディションを整えておきたいと思う。
by west2723 | 2008-05-12 22:44 | 陸での話

緑の江ノ島

連休最終日、真夏のような晴天の中を、行ってきましたよ江ノ島まで。参道に入ると竹下通り並みの人混みにびっくり。そのまんま参道を上っても上っても人混みは絶えず、改めて江ノ島って大観光地なんだなぁと実感した。快晴だったし、この混雑ではアンティショーコさんが言うような「霊験」を感じる余裕はなかったけれど、江ノ島に人が集まるということがとてもうれしいのはなぜだろう。その後は鎌倉に出る用事があり、鎌倉高校前まで歩いて江ノ電に乗ろうとしたらここでもびっくり。いやはや、朝の東海道線のような混雑だったのだ。

ところでお参りの順路を間違えたみたいです。正面の階段を上らずに、いきなり左に進んじゃったせいで中津宮さまが最初に現れ、続いて延々と歩いて奥津宮さま。もうひとつあったよなぁ、なんて思っていたら、一周した後に最初に行くべき辺津宮さまが現れたのでした。最初にあの「輪っか」をくぐらなくては意味無いんだよね? ということでもう一回、できれば雨の平日にでも出直そう。
取り急ぎ、湘南の海で遊ぶ友人たちの無事を感謝し、これからもよろしくとお願いしておきました。一周年に向けて、〈ホクレア〉来航を契機に出会った人たちが、このまま意義のある繋がりを守り、この繋がりがより良い方向へ育ちますように。

そして追伸。江ノ電の中吊りに、田村隆一さんのイベント告知をみつけた。この大詩人の朗読を偶然に聞いて初めて「言葉の力」を知り、何度かお会いしたり、鎌倉のご自宅にお邪魔するようになったのは20年近くも昔のこと。「早く21世紀の世界を見たくありませんか?」と聞いてみたら「いやあだよ」と返してくれた。そして本当に、21世紀を迎える直前に長い長い旅に出てしまった。長身で俳優のような顔立ち、そして悠々とした立ち居振る舞いの、ホントにカッコいいご老人だった。
皆さんもぜひ一度読んでみてください。「詩」と思うと構えてしまうかもしれないけど、「力のある言葉」に触れると思えば敷居も高くないはず。いい言葉に出会いたかったら、言葉の力でココロを洗いたくなったら、田村隆一さんの詩集を強くお勧めします。
by west2723 | 2008-05-07 18:22 | 海での話