<   2008年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ナイノア・トンプソン氏宅、火災の件

多くの方にお知らせいただいているナイノア氏宅火災の件、ひとまずご家族の方々はご無事ということで何よりです。今のところ新聞に出ている以上の情報はありませんが、もう少し情報を集めて、何か助けを必要としているようでしたらお知らせします。あの大きな家にはきっと貴重な資料や、ナイノア氏にとって思い出の品々も多かったことでしょう。ご本人の心中を察しつつ、慌てず、騒がず、事態の推移を見守りたいものです。ひとまず、お見舞いの念をハワイに向けてお送りしましょう。

http://www.honoluluadvertiser.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20080328/NEWS13/803280465

http://www.khon2.com/home/ticker/17117976.html
by west2723 | 2008-03-29 23:32 | ホクレア

ダブルハル・ブログ

シンポジウム・ブログも順調に航海を始めました。僕の場合、向こうでは管理人、こっちでは主催者ということで行ったり来たりしていると、ダブルハル・カヌーの上で忙しく働いているような気分になって楽しいです。それにしても、向こうはその道のプロが集まっているだけに、話は海よりも深いです。どの本にも載っていないような研究途上の話ばかりで、ホントに昨年7月のシンポジウムのようになってきました。これでナイノアが出てきたりしたら、すごいことになるだろうな。

そんな中、〈ホクレア〉横浜寄港で頑張ってくれた方からイベントの告知が届きました。こちらにも紹介しておきましょう。

今月30日に横浜にて独立行政法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)所有の船「みらい」「かいれい」の一般公開があります。
「みらい」は、海水温度や塩分濃度、潮流を計測することで海洋の熱循環、大気と海との二酸化炭素の循環メカニズム、プランクトンなどの生態系、海底の堆積物などを調べることが主な役割の海洋地球研究船で、「かいれい」は、世界最深のマリアナ海溝チャレンジャー海淵(水深10,911m)の潜航に成功した無人探査機「かいこう」の母船として建造され、現在は無人探査機の潜航支援など各々の調査目的に適合した調査機器を使い分けて調査を行っている深海調査研究船です。[JAMSTECホームページより抜粋]

なんか難しい単語が並んでるけど、これってすごく大事な役割を持った船なんじゃないかなと思って、この場を借りて紹介させていただきました。しかも「かいれい」は、2001年にハワイ・ホノルル沖の「えひめ丸」沈没海域で遺留物を回収した船だったりします。

http://www.jamstec.go.jp/j/pr/ship/mirai/index.html
by west2723 | 2008-03-19 20:59 | 陸での話

ケンカ上等!! がんばれ岩村明憲!!

ぼんやり大リーグ情報を見ていたら、乱闘のニュースが流れてきた。何でまた、オープン戦なんかでそんなに熱くなっちゃって、などと最初は冷ややかに見ていたら、その乱闘の原因がデビルレイズの岩村だと聞いて形勢は逆転した。しかも相手はニューヨーク・ヤンキースだっていうじゃないか。僕はすっかり本気で画面に見入ってしまうのだった。

岩村明憲。タンパベイ・デビルレイズ内野手、宇和島東高校出身。そうです。あの宇和島の生んだメジャーリーガーです。

続く
by west2723 | 2008-03-13 23:58 | 陸での話

全国の皆さん、Dukeが帰ってきました。

長崎のホクレア号歓迎熱血実行委員、Dukeさんが満を持してアウトリガーカヌーのホームページを開設しました。僕が知る限り、カヌーについてこれほど細かく、かつ広範囲にカバーしている日本語のホームページは無いと思う。まあとにかく、みんなで応援しましょう。http://hoena.net/

長崎と言えば、去年の今頃は〈ホクレア〉の寄港が予定されていながらも歓迎セレモニーの予算が全く組まれていなかった。それを聞いた歓迎実行委員会は、急遽募金によって100万円ものおカネを集め、長崎寄港は大成功を収めたのだった。そのように予算のない中で出航が遅れたにも関わらず、クルーは地元の漁師さん宅に泊めてもらいながらの歓迎を受けることができた。長崎は日本航海序盤で、最も危うい場面を切り抜けてくれたのだ。そしてDukeさんは、そのまんま〈ホクレア〉に乗せられ、福岡まで行ってしまったんだっけ。

思い出したよ、いろいろ。そう言えば、広島のダミさんがDukeさんのマネをしていたっけなぁ。このホームページを見ていると、いろいろな思いが蘇って元気になれるよ。ありがとう、Dukeさん。
by west2723 | 2008-03-10 21:51 | ホクレア

湘南ビーチFM

葉山マリーナの前を通るたびに気になっていたコミュニティFM局ですが、ちょっと用事ができたので行ってきました。いやあ、いいね。もっと「ゆるい」雰囲気を予想していたんだけど、コンパクトな施設やミニマムな人数のスタッフいずれにも「経営」と「ゆるさ」のバランスが取れていて、決して欲張らない雰囲気。こういう組織にこそサステナビリティという言葉がよく似合うと思った。

だいぶ前にこのブログでも紹介したけれど、この局のスグレたところはインターネットで24時間リアルタイムに視聴できること。そうです。東京にいても北海道にいても沖縄にいてもハワイにいてもパリにいてもダカールにいても、葉山マリーナからの生放送を聴くことができる。こういう放送局って、ありそうで無いんだよなぁ。昼間はボサノバやハワイアン、夜はジャジーな曲が中心。いつ聴いてもキモチいいので、強くお勧めしておきましょう。

4月からはライブカメラでの海中継も復活するそうです。http://www.beachfm.co.jp/
by west2723 | 2008-03-07 07:06 | 音楽

そろそろハワイに行きたくなってきた

毎年冬の間はハワイでトレーニングを積んでいる自転車選手が、間もなく日本に帰ってくるらしい。と知って間もなく別の友人から「これからしばらくハワイに行って来ます」という連絡が入る。去年の暮れあたりから、ずっとこんな調子で誰かがハワイにいて、向こうで誰に会っただの、海が荒れていて波乗りどころじゃなかっただのといったメールが入る。みんな、なぜそんなにスケジュールが取れるのか不思議なんだけど、そろそろ僕も行きたくなってきた。もう、寒いの飽きた。

こんどはどこに行こうか、なんて考えていると、真っ先に頭に浮かぶのがハワイ島北端にあるホノカアの街。朝はニワトリやウシの声で目覚めるのどかな田舎街で、日系移民の人たちが建てたという木造の商店街が美しいのだ。この街には1軒だけB&Bがあり、そこの女将さんはとても流暢な日本語を話す。そうとは知らずにチェックインした時、ハワイの田舎街でいきなり「いらっしゃいませ」なんて言われたからホントに驚いたもんだった。

今年はセンチュリーライドに復帰する手もあるかな。オアフ島の東海岸を、何も考えずにただただ走りたいものです。シゴト抜きで、タイムも気にせずに1日かけて走ってみたい。レースを離れて、復路のマカプーあたりで海に入るのだ。レースが終わったら自転車を持ってハワイ島に行き、あのアイアンマンの自転車コースを走ってみるという手もありそう。コナの空港からカワイハエ方面に向かうあの道、あんなところで走ったら干上がっちゃうかな。
by west2723 | 2008-03-02 21:16 | 自転車

半覚醒状態の不思議

時々言葉だけの夢を見ることがある。言葉だけだから「見る」とは言わないのかもしれないけど、まあとにかく、会話だけだったり演説だったり朗読のようなものだったり、言葉しか響いてこない夢を見ることがある。こういうコトって、皆さんにもあるのでしょうか?

続く
by west2723 | 2008-03-01 20:16 | 陸での話