<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Good-Bye August!

夏休みを入れることなく8月を過ごしたのは、社会人になって初めてのことだった。8月の1日に始まったロケは8月の後半に校了を迎え、そして今日ぜんぶ終わった。梅雨明けと共に始まった8月、ホントに長かった。何たって31日もあるんだからな。今、僕の東向きの部屋からは月齢17日の月がぽっかり浮かんでおり、その下には東京海洋大学越中島キャンパスの全容が見える。あの白いゲストハウスにナイノアが泊まっていたのは1カ月前のことだ。

今月何があったっけ? なんて思い出す時に、仕事ばかりしていると何も思い出せない。そんなに記憶に残らない仕事ばかりしているのかよ、などと不安にもなるけれど、〈ホクレア〉が来ていた頃のインパクトに較べると平坦なもんだからね。これを平和と呼ぶのであれば、歓迎しなくてはいけない。そしてそろそろ、このブログの行く末にも決着をつけなくてはいけない。

部屋の電気を消してぼんやり月を眺めていたら、〈ホクレア〉に魅せられた、とある報道カメラマンの言葉を思い出した。その人は某民放キー局にいたものの、ちょうど〈ホクレア〉が横浜に到着する頃に人事異動となり、横浜支局に配属となったらしい。僕が伴走艇で〈ホクレア〉と共に横浜港に向かっていた時、彼の会社のヘリが追いかけてきた。そして〈ぷかり桟橋〉に着いた時、彼はすでに桟橋にカメラを据え、大勢の報道陣の真ん中で本気になっていた。声をかけようかと思ったけど、仕事中だから遠慮した。と言うよりも、撮影している時の狙撃兵のような威厳に、声をかけられなかったというのが正直なところ。

「辞令を受けた時、もう会社なんて辞めちゃおうかと思っていたんですよ。でもね、横浜港に到着してから何日目かの夜、〈ぷかり桟橋〉に〈ホクレア〉を見に行ったんですよ。たしかクルーは誰もいませんでした。で、ひとりで柵の手前から〈ホクレア〉を眺めているうちに、オレは何て小さいことを考えているんだろうと思えてきてね……。たぶん〈ホクレア〉を知らなかったら、僕は今頃会社を辞めていたんだろうと思うんですよねぇ……」

サラリーマン経験の無い人にとって、これは取るに足らない話かもしれない。しかしサラリーマン経験のある人には、このポジティブな決意がどれほど大きなものかが理解してもらえると思う。ささやかだけど大きいこと。今の自分を肯定することから〈ホクレア〉の旅は始まる。だから今は、できることを続けて行けばいいんだと思う。頑張ろうぜぃ!
ということで少しずつ、今後の話を始めたいと思います。もうしばらくおつき合いくださいね。ところで、あのカメラマン、今でも元気でやってるかな? けっこう強面だったから、火事場騒ぎの報道の現場でも困らないとは思うんだけど。
by west2723 | 2007-08-31 21:31 | 陸での話

こうして再び、ニール・ヤングに戻ってしまった

c0090571_2327220.jpg
突然ですが音楽の話。今日、編集部で夜遅く寂しくシゴトしていたら、音楽担当のヤツが「これでも聴いてくださいYO!」と貸してくれたのがこのCDだったって話をしてみようかと思います。
発売は今年の3月で、ウチの雑誌でもとっくに紹介したCDなんだけど、あの頃は〈ホクレア〉でアタマがいっぱいだったし、今さらニール・ヤングでもないだろう、なんて聴かずにいて、かなり航海じゃなくて後悔……。
c0090571_23273083.jpg
やっぱ、いいわ。虫の声でも聴きながら、しみじみ満月でも眺めたくなってきてしまった。1971年のライブってことは、ニール・ヤングが乗りに乗っていた頃のライブで、しかも全編弾き語りなのだ。生ギター1本の『Helpless』やら『Down by the River』なんて、もう、たまりません。タイトルは『LIVE AT MASSEY HALL 1971』です。

ところでこの演奏が行われた時には未だ『Harvest』は発売されていない。だからピアノによる弾き語りで『Heart of Gold』が始まっても観客は拍手しないんだよなぁ。初めて聴く曲ってわけです。あの歌詞が緊張した空気の中を切り裂いて行く感じ、たまらんです。当然のように、曲が終わった後の拍手はバクハツしてます。思えば僕が『Like a Hurricane』を初めて聴いたのは日本公演だった、なんてことを思い出したりして……。

何かこう、音楽を聴き始めた頃の気分が丸ごと蘇ってしまった。オレももう一度、一から出直しかなぁ……なんてね。切ないのぅ。
ところで熊本のChasin' Dragonさんがスンバラシいリンクを張ってくれました。当時のニール・ヤングのライブです。必見です。
by west2723 | 2007-08-23 23:41 | 音楽

節電しよう!

暑かった先週はお盆休みと重なって、操業を停止していた工場も多かったのでコト無きを得たわけですが、お盆明けの昨日、何もかもが動き出してしかもこの気温。そして今日はおそらくこの夏最大の電力消費量になるらしいです。ご存じの通り柏崎の原発が止まっているので、首都圏は停電の可能性もあるとのこと。おうおう、そんな情けないことにはなりたくないもんだ。

今、何よりも先に始めなくてはならないことが温室効果ガスの削減。となると火力発電にはこれ以上頼れない。水力はというと、ダムを無闇には作れない。当面、原子力に頼らざるを得ないことくらい子どもでもわかる。つまり、原子力に頼りたくないのであれば今の生活も、経済も、かなりの規模で縮小しなくてはならない。収入は減るし失業が増えることも覚悟する。話はまずそれからだ。

エンジンを積んだ船は沖で壊れたら戻って来られなくなる。ワレワレにとって、電気はまさにエンジンのようなものなのだろう。かなり沖まで来てしまったのだ。男イッピキ、今すぐ停電になっても生きて行けるなんて頑張ったところで、冷蔵庫の生ものどうするよ? 居酒屋の生ビールはどうなるの? 交差点の信号が突然消えたら危ないし、クソ暑いエレベーターになんて閉じこめられたくないぞ。自家発電はあるんだろうけど、病院は、銀行は、などと思えば思うほどパニックが怖くなる。

なあんて、子どもみたいなコトを言ってますが、今週1週間くらいは節電しましょう。コンビニあたり、8月いっぱいは深夜営業止めてみると電気の有り難みがわかっていいかもしれない。僕の場合、暑くなりそうな日には早朝に歩くなり走るなりして、暑さがキモチいいことをカラダに覚え込ませるようにしている。そして、できるだけ早く眠るようにする。眠れない夜は酒飲んじゃう。エアコンは最後の手段だ。このブログも電気を使って書いているので、今日はここまで。
by west2723 | 2007-08-21 13:06 | 陸での話

8月18日16時、テレビ新広島

このブログをご覧の方で、広島にお住まいの方、ぜひご感想をお聞かせください。
〈ホクレア〉日本航海のドキュメンタリーで、タイトルは「光の海道 ハワイからの贈りもの」
テレビ新広島で8月18日16時からの放送です。

この番組はテレビ神奈川でも放送されます。
日時は9月16日(日)20:00〜20:55
なお、テレビ神奈川は〈ホクレア〉関係ではけっこう頑張っていて、〈カマヘレ〉をハワイに返しに行った、茅ヶ崎のYASUと森山くんが出演して過酷な航海の報告をしてくれるそうです。
こっちの日時は8月23日(木)12:30~14:00。『ハマランチョ』という番組内の1コーナーで、おそらく13時頃からの登場となる見込み。見てやってください。

ところで今日、我が湘南アウトリガーカヌークラブが6人乗りカヌーで江ノ島から伊豆大島に向かいました。モロカイ・ホエとほぼ同じ距離の約60km。僕はサポート艇に乗りたかったんだけど、今日は外せない用事が入ってしまい行けませんでした。スタートは朝の6時、そして11時30分に無事到着したとのこと。おめでとうございます。
by west2723 | 2007-08-18 09:12 | ホクレア

40.9度〜そして京都、五山の送り火

この夏は毎朝7時頃に部屋を出て、涼しい時間の隅田川を歩いたり走ったりしていたもんだけど、今日ばかりはそんな気分にならなかった。この暑さは危ないよ。おまけに明け方には地震でたたき起こされたし、いったいどうなっているんだろう。なんて思っていたら、今日の午後2時49分、埼玉県熊谷市では日本の観測史上最高の気温を記録したらしい。記録更新は74年ぶり。摂氏40.9度。いい湯加減です。

そんなこんなで今は京都にいます。午後一の新幹線に乗って、五山の送り火を見に来ており……というのは大ウソで、送り火がNHKで生中継されるというので、早めに部屋に帰ってきてしまったのだ。僕は以前から、お盆の時期には五山の送り火と熊本県山鹿市の千人灯籠踊り、そして沖縄のエイサーを見に行きたいと思っており、今のところ実現したのはエイサーだけ。点火されてからほぼ30分。照明の抑えられた京都の町に浮かび上がる「大」「妙」「法」「舟型(!)」「大」「鳥居型」の炎は、日本の夏を締めくくるのにふさわしいものだと思う。

僕の家のお盆は7月だけど、この8月16日の送り火にも何かの区切りを感じる。お盆というのは僕が最も深く共感する日本の習慣で、混雑や渋滞を乗り越えてお線香を上げに帰省する日本人っていいなぁ、と思う。この季節になぜか原爆の火、終戦の火、そしてお盆の送り火が重なっている。いずれにしても、先祖の思いがリレーされて今の自分がある、そんな思いに駆られる、とてもスピリチュアルな季節。そして来週は、地元で今シーズン最後の花火大会なのだ。
by west2723 | 2007-08-16 21:10 | 陸での話

もう夏も終わり

このところ関東平野は毎日晴れていてホントに暑いけれど、少し影が長くなってきたことに気づいてますか? 太陽の南中時、日差しもいくぶん黄色っぽくなってきたような気がするし日も短くなってきた。〈ホクレア〉が来ていた頃、もっと日差しは白かった。そうです。もう夏は終わりに近づいている。あの頃も夏だったと思えば、ニッポンの夏もけっこう長いもんですね。大気も海も暖まったままだけど、日差しは確実に秋を迎えています。何だかさびしいです。というだけの話でした。今週末は北東風が入り、少し涼しくなるらしい。その後は10月まで、しつこい残暑は続くはずですが。
by west2723 | 2007-08-14 08:19 | 陸での話

ひまわり〜そして〈ホクレア〉日本航海のドキュメンタリー完成!

雲ひとつ無い炎天の真下で、一昨日は箱根、昨日は信州という感じで旅から旅へのロケを敢行してます。いやほんと、早めの夏休みが終わると共にニッポンの夏がやってきてしまったわけだけど、それでもやっぱり夏はいいね。

長野県の真ん中あたりをクルマで走っていたら、八ヶ岳の麓にひまわり畑が現れた。ツール・ド・フランスの背景に出てくるような大きな畑ではないんだけど、一瞬、プチ・ツールな気分を味わった。自転車があればなぁ、と思った。クルマを降りて眺めてみたら、まるで朝礼のように、みんな同じ方向を向いて咲いていた。当たり前か。時々下を向いているヤツはいるけれど、反対側を向いているヤツはさすがにいないね。

ひまわりって、あんなにひょろ長くて、てっぺんに大きな花をつけて、どうして倒れないんだろう?自然界にあるもののカタチには何らかの理由があってそのカタチになっているはずだけど、ひまわりだけはなぜあのような不合理なカタチになったのか理解できない。台風が来たらひとたまりもないだろうよ。がとにかく、ホントに派手なデザインの花だな。カッコいいと思う。子どもの頃、ひまわりの種を蒔いたことを思い出す。自分の背丈よりも大きくなったひまわり。

ところで、僕が留守中にも皆さん勝手にコメントで盛り上がっていてくれて、有り難いことです。こんな調子で行けたら、ブログも気楽でいいですね。ここはこのまんま掲示板にしておこうかな? 僕もたまにコメントだけ入れて、いったい誰がご主人だかわからなくなってしまうという。と、そんな中に、久々にダミさんからのコメントが入っていました。〈ホクレア〉の番組ができたそうなので、コピペしておきましょう。それにしても、テレビの編集ってずいぶん時間がかかるんだなぁ。

ダミ声です。やっと完成しました。
タイトルは「光の海道 ハワイからの贈りもの」
テレビ新広島で8月18日16時から放送します。でも視聴できるのは広島地区限定です。ほんまに、この航海の「チョコット」しか紹介できなかったのですが、祝島での歓迎風景や打たせ船との並走などなど、未公開映像満載ですぜ! 他局は買ってくれませんでした。トホホホ・・・
by west2723 | 2007-08-11 20:13 | 陸での話

ありがとう〈ホクレア号〉〜その4

どうして小さな船(この場合はカヌー)にこれほど多くの人が惹かれるのか、思えば不思議なことだった。日頃から海に関心のある人なんてそれほど多くはないはずだから。日本にいる限りまったく海に関わらなくても生きて行けるし、ましてや船のことを考える機会などほとんどない。僕だって、もともとは海に行くことなんて2年に1度あるかないか、という程度だった。

これは〈ホクレア〉に関心のない人の誰もが不思議に思うことのようで、僕が〈ホクレア〉の話を始めると、必ず「だ〜からアンタはなぜ急に船になんて興味を持っちゃったわけ?」というようなことを聞かれる展開になった。僕はその都度、「見ればわかるから」と言うしかなかった。そして確かに、見てわかってしまった人がけっこういた。

まして〈ホクレア〉に理解のある人の間では常識となった「子どもたちにとってカヌーは格好の学びの場になる」なんて理屈は、興味のない人にはいよいよ理解できないに違いない。今後、〈ホクレア〉を知ってしまった教育関係者は、このギャップを埋めるために面倒なプレゼンテーションを繰り返すことだろう。「なぜ海なのか?」「なぜカヌーなのか? サッカーじゃダメなのか?」

できれば「日本の海洋文化」なんて言葉を使わずに、もっとストレートに生身の人間、生身の自然の凄さを伝えてくれたら、と思う。
「ハワイの人たちと握手をしたら、その手がとても大きかった」と語る小学生がいた。その子はもしかすると、お父さんの手さえ握ったことがないのかもしれない。
by west2723 | 2007-08-06 01:44 | ホクレア

ありがとう〈ホクレア号〉〜その3

港に行けばいつでも〈ホクレア〉が浮かんでいる、というのはとても幸せなことだった。「見に行こうよ」と友だちを誘えばいつでも〈ホクレア〉を見ることができて、そこには働き者のマカさんを始めとするクルーたちがいて、「家族」という言葉が比喩でも誇張でもキレイごとでもない、ココロからリラックスできる空気があった。僕はそんな幸せな時間を、沖縄と(気軽に見に行くにしては、宿から港まで少し遠かったけど)宇和島と三崎と横浜で経験した。ハワイでは、サンドアイランドにいる時もマリタイムセンターにいる時も、あれほど気軽に〈ホクレア〉に接することなんてできない。そのような意味でも、あの日本航海は特別なことだったと思う。
c0090571_0234551.jpg
とは言っても雨の日は宇和島新内港まで見に来る人なんていなくて、クルーも市内でのイベントに出かけている中、僕はひとりでしみじみと〈ホクレア〉を眺めることができた。日に焼けて色あせたロープやテント、ドライフラワーと化したレイ、無造作ながらもキチンとカラビナで留められたボトル、などなどを眺めるうちに、このカヌーは本当に〈ホクレア〉なんだと実感することができたもんだった。1月にハワイを出て以来、ずっと熱帯の海を航海し続けてきた。ウェブでしか伝わってこなかったジョンストン環礁やチューク、サタワル、ヤップなどなどの日差しが、色あせた〈ホクレア〉の随所に刻み込まれていた。本当に〈ホクレア〉は日本の海に浮かんでいたのだ。
c0090571_0244364.jpg
いや、別に何を書こうというわけではないんだけど、今こうして少しずつ、あの日々を振り返っている。ようやく総括するココロの準備ができたので、場面場面を思い出しながら、あの時に見たもの、感じた空気、匂い、などなどを辿ろうとしている。匂いまで記録できれば、いつでもあの時の気分に戻れるでしょう? こうすることによって、何かいいまとめのキーワードが見つかるような気がしているのだ。そうすることによって、ようやく次の一歩が踏み出せる。
ということで、このブログも少しずつ最後のまとめのシリーズに入ります。
by west2723 | 2007-08-05 00:02 | ホクレア