<   2007年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧

スカイ少年

〈ホクレア〉には現在、16歳の少年が乗っている。ニックネームは『SKY』。体験搭乗にやってきた人たちには大変な人気者で、もうオモチャみたいに可愛いヤツなのだ。下の写真では左の方、上半身ハダカでリヤカーを押さえている。見ての通り、どこにでもいるスケートボーダーのような感じだけど、こう見えて、実はアリヨシ元ハワイ州知事のお孫さんなのだという。

前回書いたセイルの片づけでは、どこからともなくやって来て、最後まで手伝ってくれた。だからお礼にランチをご馳走することになったのだ。
「何がいい?」「サシミがいい」「じゃ、定食だな」「いや、サシミだけでいいんだ」「ふ〜ん、じゃ、盛り合わせだな。2通りあるけど、どっちがいい?」「こっちでいいよ。だって、もう1つの方は高いでしょう?」。
コイツ、若いのになかなかわきまえているのだ。昨夜のパーティでもサシミばかり食べていた。やはり、日本人の血が通っているんだなぁ。とは言え、飲み物はコーラだったけどね。
「魚はナマがいいよね。あと、僕は納豆も好きだよ」
c0090571_2113222.jpg
「僕は赤ん坊の時、大きな相撲取りに抱かれた写真を撮ってもらっているんだよ」「誰だろう? 曙かな、小錦かな?」「どっちだかわかんないけど」「曙は背の高い方。小錦は太った方」「そう言われてもわかんないなぁ」
スカイは気になる日本語を見ると、英語でどういう意味なのか聞いてくることが多くて、そのたびに周りの日本のオトナたちは一生懸命考えることになる。

「アケボノって、どういう意味なの?」「ライジング・サン、かなぁ」「いや違う、夜明けじゃないか?」「って言うよりも、夜明けの空の色じゃなかったっけ」

「じゃあ、コニシキは?」「錦、ねぇ……」「高価な織物!」「ってのもヘンだろ」「錦の御旗ってあるけど、エンペラーの旗じゃダメなのかな?」「いや、ダメだ、ワカンネ!」

「プリカって何なの?」「何だ? プリカって」「あ、あのガソリンスタンドに書いてある」「プリペイドカードのことか!」「スカイって、カタカナは読めるんだね」

「来年〈ホクレア〉がタヒチに行くって言うでしょ、あれに乗りたいんだ。写真をいろいろ見せてもらったんだけど、不思議な景色も多いし、海はキレイだし、可愛い女の子もたくさんいるっていうし」「日本はホントに好きだよ。でも、6月2日には帰らなきゃいけないんだ」
ランチが終わって店を出ようとしたら、スカイは椅子をもとの位置にキレイに戻していた。こんなところに"明治の躾"を感じてしまう。将来は伝統航海士になるかもしれない16歳の少年にも、昔の日本が受け継がれていたのだ。
by west2723 | 2007-05-31 21:17 | ホクレア

カニの爪の干物

昨夜はクルー全員集合の宴会があり、これが非常によくまとまった楽しいパーティだった。とは言えこの話を始めると非常に長くなるのでまたの機会に。その宴会の後、若いクルーはカラオケに行ったらしいけど、翌朝からはしっかり働いている。統率が取れているなぁ。
午前中のワークショップが終わると、早くも横浜出航に向けてカヌーの掃除が始まる。そんな時はぼんやり〈ホクレア〉の近くで見物しているわけにも行かず、何かと手伝うことが多くなるのだ。
c0090571_16311433.jpg
統率は取れているんだけど、仕事に「流れ」が無いことが彼らの特徴かもしれない。たとえばゴミを出したはいいけれど、それを運ぶ手段が無い。要らなくなった保存食をカヌーから下ろしたのはいいけれど、これを誰に渡すのか、そもそも写真にあるような大量の食料を、どうやって港から出すのかさえ、何の打ち合わせもない。「荷物下ろしちゃったけど、この後どうする?」って感じで仕事が止まってしまうのだ。誰もトラックなんて用意しているはずないし。ということで誰かが地元の知り合いに相談の電話を入れることになるんだけど、宇和島ではUddhaさんが、先日来お世話になりっ放しの老舗かまぼこ製造会社の専務に電話を入れた。

電話の後すぐにトラックが到着。ついでに浮き桟橋から荷物を運ぶリヤカーまで用意してくれた。専務は間違いなく宇和島の陰のヒーローだった。これは単に地元に詳しいと言うだけではなく、先を読む能力なんだろうなぁ。話せば非常に些末なことのようだけど、港でのこういう機転こそがハワイから遠い外国にやってきたクルーを助けることになるのだ。
ところで彼らの仕事を手伝うと、手伝いに来た人を残して、もともといた人が消えてしまうことが多いので要注意。たとえばセイルを干していた女性クルーがいて、ひとりで大変そうだったから、まずUddhaさんが手伝いに行った。それを見ていた僕と若旦那も駆けつけ、セイルの畳み方を教わり、ひとつ、ふたつと片づくうちに、肝心の彼女は「じゃ、後はよろしくね」と消えてしまう。
c0090571_15513247.jpg
でもまあ、見てください。あこがれのセイルが干物になっているこの姿。その大きさや質感を感じながら、ひとつひとつ畳んで行くヨロコビ。セイルとセイルを収納するバッグには同じ番号が振られていて、必要なセイルがすぐに取り出せるというシステムなんだけど、「ジブの18番」とか「フロントの25番」なんていうバッグの中に、「クラブクロウの3番」なんてのもあるわけです。この写真ではいちばん右がクラブクロウですね。つまり、僕がこれまでさんざん写真で見てカッコいいなぁ、と思っていたセイルが、今まさに僕の手によって折り畳まれようとしている……。なんて、こうして書いているだけで、僕もかなりのオタクなんだなぁ、と思ってしまう。
c0090571_15515422.jpg
まとにかく、こうして港に集まった人々に、次々と無理難題をふっかける〈ホクレアさま〉であります。それでも実際に手で触りながらメンテナンスの一部に加わってみると、長い航海の疲れを癒してあげたくなるから不思議なものだ。肩でもお揉みしましょうか、ってな気分になってしまうのだ。そんな何千何万という人々の小さな善意の積み重ねが、このカヌーをあれほど美しく磨き上げてきたんだなぁ、と思う。で、本日の圧巻は上の写真でした。ワークショップを終えた宇和島水産高校の生徒さんたちが、何と〈ホクレア〉の船底掃除を始めたのだ。これは肩をお揉みするどころではないな。デッキブラシが孫の手に見えてくる。いちばん痒いところに手が届く。さすがです、船の気持ちがよくわかっていらっしゃる。今日のお手伝いMVPは、白い制服が凛々しい水産高校の圧勝だった。
by west2723 | 2007-05-30 15:52 | ホクレア

UAMAU

c0090571_10382789.jpg
宇和島水産高校での献花を終えたところで、クルーによるハワイアン・ソングのコーラスが始まった。チャド・パイションのギターにウクレレが1人。短いフレーズが繰り返される鎮魂歌で、最初は数人で歌い始めたものが最後にはほぼ全員のコーラスになった。ナイノアもサビの部分だけは加わっていたぞ。時折雨の降る潮風の中で、見せてもらったよ、ハワイアンのハート。

僕はけっこうハワイアンを聴いているつもりだけど、この曲は初めてだった。チャドの説明によると、タイトルは『UAMAU』で、魂の永遠を歌ったものらしい。日本語の「敬う」に似ているね、と言ったら、リスペクトか、意味は繋がるかもしれないな、とチャド。テレビは宇和島のCATV、NHK、テレビ新広島(!)が入っていたので、いずれかの局で流れたかもしれません。
by west2723 | 2007-05-30 10:54 | ホクレア

5月29日、宇和島では雨が降っています

入港の28日は快晴。午前中は船の安全を守ってくれるという和霊神社にお参りし、前日さんざん盛り上がった『ジャコ天』の工場を見学させていただき、そのイキオイで温泉に行って身を清めるなど、ディープな観光をしてまいりました。クルマで回ってみると海岸線の複雑さはかなりのもの。海からしかアプローチできそうもないキレイなビーチがあったりして、ここでシーカヤックを漕いだら楽しいだろうなぁ、なんて、海を見ながらしみじみするのもいいもんです。
c0090571_15235161.jpg
出迎えのカヤックやカヌーの人たちが待機しているという「覗き岩」というポイントに向かった。ここが港への入り口で、水平線の向こうからやってくる〈ホクレア〉を探しながら、周りの人と「あれが〈ホクレア〉かな?」「いや、あれはヨットじゃないすか?」なんて会話をしながら待ちたかったのだ。〈カマヘレ〉に乗る西村さんに電話をしてみる。「あと、14〜5マイル。到着は2時間後ですかねぇ……」追い風。時化ている。そして〈ホクレア〉は、ジブセイルまで広げて帆走中とのこと。
c0090571_1445681.jpg
出迎えのヨットや漁船などが横一列に並んで近づいてくるので、比較的かんたんにみつけることがでた。そんな中に1艇、マストの部分が膨らんで見える船がいる。きっとあれだろう。仕事を休んで朝から待っている、という作業服姿のお父さんがカメラを取り出す。20艇ほどのカヌーやカヤックが、ゆったりと漕ぎ出して行く。中にはカヌーを2艇つなぎ、子どもたちを乗せたカタマランの家族連れもいる。ホラ貝を用意しているシブいおじさんもいるね。
c0090571_1445372.jpg
山がちな島を背景に、〈ホクレア〉は非常にゆっくり進む。目の前を通り過ぎた後、港へ引き返す途中で〈えひめ丸〉による出迎えの汽笛を聞く。海沿いの家に住む人たちも、2階の窓から、あるいは玄関先から、まるで黒船でも眺めるような表情で、ハワイからやってきたという不思議なカタチをした船を見送っている。そんな港町の雰囲気に、あの〈ホクレア〉のゆっくりした速度がすっかり溶けこんでいる。女王様は決して急がないのだ。
c0090571_14455873.jpg

今日は雨です。停泊中の港に〈ホクレア〉を見に来る人影もまばら。クルーは市内観光に出かけ、僕は強烈な眠気に襲われています。そうそう、一緒に宇和島にやってきた茅ヶ崎のYASUは、昨日の夜中に〈ホクレア〉を覗きに行ったらマカがいて、さっそく酒盛りになったらしい。
by west2723 | 2007-05-29 15:05 | ホクレア

5月28日5時20分、セーリングで出航

c0090571_6215665.jpg
周防大島では〈大島丸〉という船(この船がムチャクチャごきげんなんだよ、とUddahさんは言っていた)に泊まった後、本日5時20分、〈ホクレア〉はセーリングで出航しました。到着は少し早まるのかもしれない。早めに待機しておこう。〈えひめ丸〉も港で待機中。真っ白い船体の凛々しい船だね。海上での〈ホクレア〉出迎えの大役、よろしく頼む。

今日は朝の5時にはすっきり目が覚めた。昨日はちょいと食べ過ぎたかな、と思ったので、軽く市内を走ってみた。でもこの街、朝のスタートが早いね。すでにうどん屋も商店も開いているし、散歩のご老人も多い。時おり漂う「いりこダシ」の朝の香りに、海の恵みを感じてしまったよ。
by west2723 | 2007-05-28 06:40 | ホクレア

じゃこ天スティック

午後5時30分頃、〈ホクレア〉は周防大島に再び接岸したとのこと。その連絡を、僕は宇和島で受けました。ということで、やったよ、ようやく沖縄以来の寄港地にやってきました。
日曜日ということで街も港も静かなもんですが、とりあえずのロケハンは完了。こんどは街の人と一緒に港から出迎えます。さっきまで実行委員の1人であるカマボコ製造会社の若旦那と会っていたんですが、彼の会社が開発したという『じゃこ天スティック』で酒が進むこと進むこと。
「もう、クルーの皆さんも『歓迎疲れ』しているんじゃないか」
ということで、市が準備した以外の用事は入れずに、静かに出航を待てばいい、という雰囲気でした。賛成です。

宇和島は夕陽がキレイらしい。今日は見られなかったけど、ここにいる間に見てみたい。クルーもスタッフも同じ宿に泊まるんだけど、この宿のすぐ裏に、朝の5時に開店して、8時には閉まってしまうという名物の製麺所(つまり「うどん屋」)を教えてもらった。早起きのクルーがいたら、ご馳走してやるかな。ということで、宿の裏のお寺からは夕方5時に鐘の音が聞こえます。明日は早起きして、ジョギングかたがた市内巡りをするつもり。宇和島、とても静かな港町です。
by west2723 | 2007-05-27 22:10 | ホクレア

広島から届いた素敵なメール

25日、広島は朝から雨でした。
それでも予定通り 乗船体験案内や学校訪問など、
忙しいスケジュールをこなして マリーナに戻ってきたクルーを 、
迎えてくれたのは 帆をあげた打瀬船でした。

雨上がりの瀬戸内に浮かぶ 島影と打瀬船。
この幽玄な景色を岸から見ていたのは、数人のクルーとスタッフのみ。
とても贅沢な時間でした。

ダミ声さんも打瀬船に乗っていたので、
この景色を見ちゃ〜いないですもんね(笑)。

明るい空と海だけが日本じゃない。
こんな 夢か幻か みたいな景色もあるのですよね。
これが瀬戸内です。
戦国時代のだれかの魂も乗っているかもしれないです。
c0090571_19384970.jpg
この美しい〈内海丸〉を海で見ることができるのは、これが最後になるそうです。無念です。
このメールは岡山ご出身の女性から送っていただきました。ちなみに、この日は彼女のお誕生日だったそうです。Happy Birthday!!
by west2723 | 2007-05-26 19:40 | カマ・ク・ラ

27日の元安川遡上は中止

さすがに技術的にもムリがあるということです。〈ホクレア〉が地元に迷惑をかけては元も子もないでしょう。ということで、すべては予定されていたスケジュールの通り、広島は昼の12時頃に出航。周防大島で1泊した後、宇和島を目指すことになりました。めでたし。
by west2723 | 2007-05-26 15:44 | ホクレア

普通の1日

Uddahさんは天草でシーカヤックアカデミー、ダミ・カメラマンは広島でサッカー中継ということで、本日、皆さんは本来の業務に戻っているようです。本来の業務、やがて始まる普通の1日……そろそろ〈ホクレア〉が去った後のこともイメージしなくてはならない。そんな時期に入りましたね。
〈ホクレア〉は明日、広島を出航、周防大島で1泊した後、28日早朝、宇和島に向けて出航します。詳しい時間がわかったらここに書き加えます。

で、宇和島での日程はこちら。http://www.city.uwajima.ehime.jp/cgi-bin/odb-get.exe?wit_template=AM020000

大分にお住まいのJunkoさんからお知らせいただいた関埼海星館のライブカメラはこちら。途中で関サバ、関アジを〈カマヘレ〉がつり上げてくれないかな、なんて、そんなヒマはありませんね。
by west2723 | 2007-05-26 10:15

広島から届いた迷惑メール

c0090571_2261545.jpg
テレビ新広島のダミ声のカメラマンは、とうとう調子に乗って周防大島から広島まで〈ホクレア〉に乗ってしまったらしい。西村さんの引っ張る曳航索の凛々しいこと。それに引き替えこの男……
c0090571_2264062.jpg
今では自らを〈ホクレア・クルー〉とまで呼んでいる。
c0090571_2265877.jpg
誰かこの男の暴走を止めてほしい。ここに紹介した写真以外は、すべて〈ホクレア〉に乗る、この男の記念写真だった。そんなものはこのブログには載せてあげないのだ。このブログって、思いのほかカクチョー高いのだ。つまりヤツからのメールは、東京を一歩も離れることのできない僕に対する、単なる迷惑メールだったってわけです。このツグナイは『続・幸せの星に導かれて』の全国ネットしかないと思うんだけど、どうだろう? 日本全国の皆さん。

ところで明日、明後日は瀬戸内地方に低気圧。四国の水不足解消につながればいいけど。
by west2723 | 2007-05-24 22:22 | ホクレア