<   2007年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

モデムが壊れました

最近どうもネットへのつながり具合が悪かったんですが、昨日の夜、帰宅したらモデムのランプが消えていて、ネットに入れなくなっていました。入れないとなると、何かと不自由なのにびっくり。いかに無意識のうちにネットを覗いていたかがよ〜くわかり、ちょいと生活を改めてみようと思いました。モデムは週明けにならないと届かないらしいので、これを機に対応が悪くて有名なプロバイダーを解約してしまった。王監督は好きなんだけどね。

しばらくの間は暫定的にダイアルアップで繋ぐしかないので、なかなか更新できないんじゃないかと思います。まあ、ここでしばらく眼を休めることにします。あ、そうそう、西日本にお住まいの皆さん、3月3日の山口を皮切りに、テレビ新広島の〈ホクレア〉の番組、観てくださいね。長崎は放送日が変更になったのでご注意ください。

『ハワイ州観光局プレゼンツ 幸せの星に導かれて 〜伝統航海カヌー・ホクレア号 日本へ〜』

テレビ新広島(TSS)    広島 3/10 16:00〜16:55
テレビ愛媛(EBC)     愛媛 3/21 14:05〜15:00
テレビ山口(TYS)     山口 3/3  12:00〜12:55
岡山放送(OHK)       岡山 3/10 15:00〜15:55
山陰中央テレビ(TSK)   鳥取・島根 3/24 14:30〜15:25
高知さんさんテレビ(KSS) 高知 3/17 13:00〜13:55
テレビ西日本(TNC)    福岡 3/21 16:00〜16:55
テレビ熊本(TKU)     熊本 3/4 15:00〜15:55
沖縄テレビ(OTV)     沖縄 3/21 14:05〜15:00
テレビ長崎(KTN)     長崎 3/31 14:00〜14:55
BSフジ          BS全国 3/31 18:00〜18:55
by west2723 | 2007-02-28 11:15 | 陸での話

Tuvalu Overview

今、知り合いのカメラマンが南太平洋のツバルで取材を続けている。ご存じの通り、ツバルは温室効果ガスによる海面上昇の被害が大きい環礁で、1万人近い人々が、今すぐ故郷を離れ移住すべきかどうかの選択を迫られている。このカメラマンは、住民全員のポートレート撮影に取り組んでおり、彼らに将来の夢を聞き、そのコメントと共に京都議定書が発効する当日、ニューヨークの国連ビルで写真展を開こうとしている。

海面上昇っていうのは毎日毎日ジワジワ迫ってくるものではなくて、北半球では12月〜4月に起こる現象らしい。さらには海岸線が内陸深く上がってくるだけではなく、ある日突然、陸地のど真ん中に噴水のように吹き上がることもあるという。そう、ついさっきまで平和な生活が営まれていた集落や学校の校庭が、突然巨大な水たまりに変わってしまうというわけ。そういう具体的な話を聞かされると、海面上昇の怖さがリアルに伝わってきませんか?

ところで、この海面上昇の原因となった温室効果ガスは、実は100年前に発生したガスだと聞いて怖くなってくる。もう産業革命は起こっていたけれど、まだ自動車も普及しておらず、今ほど電気を使わなかった時代に発生したガスが、100年後のツバルを海に沈めようとしている。だったら、その後の100年分はどうなるの? その頃とは比較にならないほどの温室効果ガスが、人の住む環境に対する答えを出すのは100年後。遠い将来のようでいて、僕たちの孫の時代には、関東平野なんて水没しているかもしれないわけだ。

だったらもう諦めますか? ツバル、幸いこの冬は大きな被害は出ていないらしいようですが、今さら過去100年分の温室効果ガスの影響をストップさせるのはムリでしょう。しかし、今からでも自分たちがやっていることを知ることは大切です。そして、この効果を無力化させる画期的な研究が行われることを望んでいます。このテーマに興味のある方はこちらまで。ただし、以前僕のブログのリンク先に片っ端から何度もメールを送る人が現れて困ったことがあります。そのあたりをよくご理解いただき、この情報をご利用いただければ幸いです。
by west2723 | 2007-02-26 01:04

ホクレア号、そのまんま西へ向かう

ほとんど部屋には戻れないドタバタの1週間が過ぎ、ふと気づけば〈ホクレア〉はマジュロを出航しているのでした。4泊5日の間、マーシャル諸島共和国大統領やスポンサー主催の晩餐会、ビキニ環礁出身の国会議員による表敬訪問、そして子どもたちの見学などなど、文字通り島を挙げての歓迎があったようです。社会の規模が違うとは言え、日本で同様の歓迎ができるのかどうか、ちょっと心配になってくる。歓迎する人が政治家である必要はないけれど、それでも一度はその土地の代表が訪問しないと失礼でしょう? とは言え今はみんな統一地方選でアタマがいっぱいで、ハワイから勝手にやってくるカヌーのことなんて、とても気にかけてはいないだろう。

あまりに予定通りなマジュロ出航でした。〈ホクレア〉らしくないぞ。もっとゆっくりして行けばいいのに……。ナイノアはそろそろハワイを離れ、空路でポンペイに入るらしい。この航海で最初の日本人クルーになるであろう人物は、3月中旬に日本からチュークに入るらしい。昨日の夜は、東京でも学者さんやら海洋ジャーナリストやらセイラーやら、あんな人やこんな人までが集まって、来航に向け、何やら怪しい会合を持っていたらしい。そして今頃は山口県で歓迎ライブが行われている。
〈ホクレア〉が近づいてくるにつれ、まるで台風が接近してくるように、僕の回りの風向きが変わり始めている。なんだか緊張してきたぞ、なんて、オレが緊張してどうする!
by west2723 | 2007-02-24 21:54 | ホクレア

山口の歓迎イベント、日程変更

だそうです。お間違えなきよう。以下の日程が正解です。

2月24日(土)山口・宇部@DUO
17:00〜 2500円(前売り2300円)
info NOWAVE 083・923・8383

2月25日(日)山口・湯田温泉@Organ's Melody
18:30〜 2500円(前売り2300円)
info NOWAVE 083・923・8383
c0090571_1113194.jpg

なお、この写真がメールで送られてきていたことに気づきませんでした。カイウラニさんの撮影で、マジュロ到着前に足止めをくらっていた時のもの。近づいてくるスコールだそうですが、不気味だよね。カヌーの上ではこのような怖さとも戦っているというようすがリアルに伝わってくるので、ご紹介。PVSのページにも同じものがUPされています。

マジュロの写真はまだかいな? 歓迎イベントが忙しくて、メールどころではないということなのでしょう。ところでマジュロ在住の日本人の方がブログを書かれていて、そこには美しいマジュロの港に係留されるカヌーの写真も紹介されています。
by west2723 | 2007-02-21 11:08 | ホクレア

梅は咲いたか? マジュロはまだかいな?

明日、出航以来初めての陸地、マジュロへ到着するはず。そのようすが写真で見られるなんて楽しみですね。ナイノアは2月末にはハワイから空路ポンペイへ向かうそうで、いよいよ航海にお祭りムードが漂い始めました。チュークではかなり盛大な歓迎イベントがあるようなんですが、そこでの滞在予定日はたったの4日間。うん、たぶん延期になるな。

それぞれの寄港地で滞在日程がどの程度オーバーするか、それもまた、この航海の「隠し味」になってくることでしょう。日程が迫っているんだけど、ナイノアもクルーたちも出発したがっているんだけど、なぜか〈ホクレア〉が行きたがらない、なんてことがきっとある。ハワイ島でなかなか出航できなかったのも、そんな理由。そうなんだよ。僕は最近〈ホクレア〉というカヌーが、意志を持った生き物のように思えてならない。
by west2723 | 2007-02-17 19:57 | ホクレア

日付変更線通過!

c0090571_1428127.jpg
2月13日朝、船団は日付変更線を越えたそうです。つまりこれはどういうことだ? 越えた瞬間に14日朝ということなのか? ま、いいや。とにかく航海は順調に進んでおり、18日の日曜日(もういちいち現地時間とか言わなくていいわけですね)にはマジュロに到着するようです。メールで送られてきた写真なので、美しい鳥のような〈マイス〉の姿を皆さんにもご覧いただきましょう。撮影は、〈カマ・ヘレ〉のキャプテン、マイク・テイラー氏によるものです。ちなみにマイクさんは写真を撮られることをとても嫌うようなので、日本で会った時には要注意です。
by west2723 | 2007-02-15 14:28 | ホクレア

長崎の皆さん!

テレビ新広島制作による〈ホクレア〉の番組、放送日程が、長崎は(テレビ長崎)3月4日から3月31日、14:00〜14:50に変更になりました。早く観たい人は山口なり福岡なりに出張すべし。というわけです。遅れるのは〈ホクレア〉のせいではありませんので念のため。
by west2723 | 2007-02-14 23:57 | ホクレア

日本航海予定に変更

取り急ぎ、歓迎の準備などもあろうと思うので、日本航海の予定のみお知らせしておきます。
そしてもちろん、今後も変更の可能性は「かなり」大きいのでご注意ください。

パラオ発4月8日〜沖縄(糸満)着4月24日
沖縄発4月29日〜熊本(宇土)着5月7日
熊本発5月11日〜長崎着5月12日
長崎発5月15日〜福岡着5月17日
福岡発5月22日〜山口(周防大島)着5月24日
山口発5月28日〜広島着5月29日
広島発6月3日 〜愛媛(宇和島)着6月4日
愛媛発6月8日 〜横浜着6月15日

横浜に停泊は8日間。船積みされた〈ホクレア〉の出航は6月23日です。
キャプテンはパラオ〜沖縄をナイノア・トンプソン、沖縄〜福岡をチャド・ババヤーン、福岡〜愛媛をナイノア、愛媛〜横浜をナイノア&ブルース・ブランケンフェルド、と発表されていますが、これも変更の可能性特大です。

なお、サタワル到着は3月17日で、サタワル発は3月19日。
パラオ着は4月2日で、パラオ発は上述の通り4月8日です。
ミクロネシアのどこかで引き留められる、なんてことも大いに考えられるので、予定は未定。当面はパラオ到着と出発に注意しながら行動計画を立てるべきかと思われます。
by west2723 | 2007-02-14 08:58 | ホクレア

〈海王丸〉と〈ホクレア〉

先日までハワイで日本航海の打ち合わせをしていた人たちが帰ってきました。主な議題は「日本の海は甘くないぜ。今からでも遅くはないから、少しスケジュールを見直した方がいい」というものだったようです。ところで今、ハワイには日本の〈海王丸〉がいて、うまい具合にナイノアと〈海王丸〉の船長とのミーティングもできたとのこと。そこでもまったく同じ話となり、いよいよ日本航海のスケジュールが大きく見直されることになりそうです。

これまではミクロネシア航海のオマケのような存在だった日本航海ですが、こうした日本の海のプロたちによってタマシイが吹き込まれ、次第にホンモノの航海になって行くことがとてもうれしい。そして、常に相手の言葉に耳を傾け、安全のためには勇気を持って計画を変更するナイノア・トンプソン氏にも、改めて敬意を表したいと思う自分であります。

ところで、今度は静岡・焼津でホクレア歓迎イベントのお知らせ。3月11日。第1部は映画『地球交響曲第3番』上映。第2部は『Welcome Back!ホクレア号』という、いかしたタイトルのライブです。個人的にはエディ・アイカウをポスターのデザインに使ってくれたことが、とてもうれしい。エディの登場しない〈ホクレア〉の物語なんて、あり得ないからね。
by west2723 | 2007-02-11 19:20 | ホクレア

ハワイから日本へ、大きなカヌーがやってくる!

雑誌で〈ホクレア〉を紹介するにあたり、必ず突き当たる壁は「まだ〈ホクレア〉のことを知らない人に向けて記事を作らなくてはならない」ということだ。すでに知っている人の中には熱狂的な人も多いので、放っておいても勝手に詳しくなって行ってくれる。がしかし、まだ知らない人の中にも、これを機に〈ホクレア〉と出会い、日本航海での大きな力となり、将来的には日本人初の伝統航海士となり、〈カマ・ク・ラ〉号建造に立ち上がるような人物が現れないとも限らない。

だからこそ、いつまで経っても紹介記事から先には進めないわけです。わかるよね、〈ホクレア〉って何? 星の航海術とは? カヌー・ルネサンスとは? ナイノア・トンプソンとは? と説明しているうちに、毎回ページが埋まってしまうもどかしさ。

とは言え、この課題をクリアする方法はいくつかみつけました。むしろ、そこから先に控える難題の方が取り扱い注意かもしれない。それは「〈ホクレア〉がハワイのカヌーだからこそ話題になる」ということ。かつて〈チェチェメニ号〉が沖縄にやってきても、マニア以外にはあまり話題にはならなかったように、仮に〈ホクレア〉がハワイ以外で作られたカヌーであれば、ほとんど今のような話題にはならず、船のマニア向け、キワモノ扱いで終わっていたように思えるのです。

続き
by west2723 | 2007-02-10 16:38 | 雑誌作り