<   2007年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

何やら元気な西日本の放送局

ハワイ取材の号は、すでに入稿と校了が重なっており、おまけに同じ号でライバル誌と呼ばれている雑誌との共同企画があったりして、もはやここ数日の僕は湾岸低気圧に不意打ちをくらったような状態です。ホントに無事に雑誌ができるのかな? と不安になるくらい。つまりこれは〈ホクレア〉の出航が遅れると日本の雑誌が出なくなる、という、一種のバタフライ効果なのかもしれませんね。

ところでそんな中、出航の取材で一緒だったテレビ新広島の人たちから、やたら元気な知らせが届きました。例の〈ホクレア〉テスト航海を取材した番組の、放送エリアが広がったということです。おめでとさん。うらやましいぜ、西日本。スポンサーの皆さん、あなたはエラい! 寄港地は横浜以外すべてカバーできているんだなぁ……。ということで、放送予定をそのまんまお知らせいたします。

『ハワイ州観光局プレゼンツ 幸せの星に導かれて 〜伝統航海カヌー・ホクレア号 日本へ〜』

テレビ新広島(TSS)    広島 3/10 16:00〜16:55
テレビ愛媛(EBC)     愛媛 3/21 14:05〜15:00
テレビ山口(TYS)     山口 3/3  12:00〜12:55
岡山放送(OHK)       岡山 3/10 15:00〜15:55
山陰中央テレビ(TSK)   鳥取・島根 3/24 14:30〜15:25
高知さんさんテレビ(KSS) 高知 3/17 13:00〜13:55
テレビ西日本(TNC)    福岡 3/21 16:00〜16:55
テレビ熊本(TKU)     熊本 3/4 15:00〜15:55
沖縄テレビ(OTV)     沖縄 3/21 14:05〜15:00
テレビ長崎(KTN)     長崎 3/31 14:00〜14:55
BSフジ          BS全国 3/31 18:00〜18:55

放送日はいずれも土日か祝日。録画を忘れて、うっかり遊びに行かないように気をつけてください。
女優であり、フリーダイバーとしても知られる高樹沙耶さんがご案内役です。山口智子さんと共に、高樹さんには今後もカヌーの世界の案内役として頑張ってもらいたいものです。応援しましょう。
by west2723 | 2007-01-31 08:46 | ホクレア

〈ホクレア〉クルーが海の上からラジオ出演!

この週末から来週いっぱい、衛星電話による〈ホクレア〉クルーのラジオ出演が続くそうです。
まず、来週月、水、金の朝7時〜8時、ホノルルのam940で。また、KCCN、KINE、KRTR、KPHWといったFM局もまとめてインタビューしたそうですが、これは今のところ日時が未定。

日本では聴けないと最初は書いたけど、ハワイの友人からのメールによると、このam940ってネットで聴けるんですよ、とのこと。ホントだ! ぼんやり聴いているだけでも気分いい。皆さんも試してみてください。メインページの上の方、黒い帯の中に、Listen Liveという黄色い文字があります。ここをクリックすると簡単な手続きページがポップアップするので、これを送って準備完了。

ということは、日本時間、火、木、土の午前2時〜3時ってことか。頑張って聴いてみっかな。
なお、上記のFM局、KCCNも聴けます。Honolulu Star-Bulletin紙も電話インタビューを行い、日曜日の記事になるとのこと。なお〈マイス〉からの生の声も近々お届けできるでしょう。
以上、キャシーさんからの伝言でした。詳細はPVSのブログにも載るかもしれないのでご注目を!
by west2723 | 2007-01-27 17:37 | ホクレア

2艇のカヌーの現在地が

わかるようになったね。下記をクリック!
http://hokulea.soest.hawaii.edu/

見た目は非常に大ざっぱで、位置なんて漠然としかわからないけど、それをとやかく言うのは野暮ってもんです。PVSやこのページからのリンク先も興味深いモノが多い。特にハワイ大学って、ネット上でのさりげないサポートや、紹介するページが押しつけがましくなくていい。センスいいね! 
航海を追うだけで、文科系の僕でさえ、海に関するデータの集め方を覚えてしまいそうだ。

なんてことを言っていたら、このブログの常連さん、tornos氏が以下のようなものを!
なんだか超長距離のキョリ測みたいで心臓バクバクしちゃいますが、こっちは臨場感で勝負ですね。
http://tornos.cocolog-nifty.com/blog/voyage/voyage2007-1.html
2艇のカヌーがジョンストン環礁に近づいて行くようすにワクワクする。
Macの方は Safari1.2.4以降でご覧ください。
by west2723 | 2007-01-27 14:04 | ホクレア

ジェリー・ロペス

ところで、ジェリー・ロペスが〈ホクレア〉の日本航海に乗るってアイデア、どう思う? クルーにとってもヒーローであるはずのジェリーだけど、意外なことに、まだ〈ホクレア〉には乗ったことが無いらしい。ところで彼のお祖父さんは新潟のご出身であったはず。日本人としての名前もあるという。カントリーのタイガー・エスペリ、タウンのジェリー。
ようやくみつけた、ジグソーパズルの最後の1ピース。

いやちょっと、聞いてみただけなんだけど。
by west2723 | 2007-01-26 22:50 | ホクレア

67回もの核爆発!

朝起きると、まずPVSのブログを見ることが日課となってしまった。衛星電話を通じてクルーのようすがリアルにレポートされるので、今頃どこで何をやっているんだろう、なんて気を揉む必要は無くなった。インターネットって、いいもんだね。中1日か2日待てば、日本語翻訳版もUPされるし。

今後は行く先々の島の情報も伝えてくれるようで、昨日さっそくマーシャル諸島のホームページへのリンクが貼られていた。あまりなじみのない遠い島々だけに、眺めているだけで、いろいろな発見があって楽しい。マーシャル諸島の紋章(と言う呼び方でいいのかな?)にはカヌーが描かれており、堂々とした海洋文化が根を下ろしているようすが伝わってくる。

ところで、このホームページの中では「核特集」がひときわ目を引く。ビキニ環礁と言えば第五福竜丸事件を通じて日本人にもなじみが深いでしょう。しかし、そのビキニを含め、マーシャル諸島ではアメリカによる核実験が67回も行われていたなんて知らなかった。過去の実験のようすが淡々と語られているんだけど、淡々とした記録だけにかえって怖さが伝わってくる。できれば実験終了後50年経った現在の、環境に対する影響なども知らせてほしいところ。

なお、第五福竜丸の被爆は1954年3月1日(現地時間では2月28日)。第五福竜丸は、現在、東京都江東区夢の島公園内に常設展示されています。このあたりはジョギングやサイクリングのコースとしても名所なので、ぜひ一度、覗きに行きましょう。木造の遠洋マグロ漁船というだけでも貴重です。
by west2723 | 2007-01-26 10:33 | ホクレア

ホントに行っちゃったよ……

昨日、1月24日の昼、11時45分、皆さんは何をしていましたか? 会社であれば昼休み直前の時間帯。今日の昼ご飯はどこで食べよう、なんて考えていた頃かもしれない。僕は都営地下鉄浅草線の車内で、東銀座から五反田に向かっていました。ちょうどその頃、〈マイス〉と〈ホクレア〉が、最後の修理を終えて出航したようです。ハワイ時間では23日の午後4時45分。40人ほどの家族や仲間に見送られながらの、とても美しい出航シーンだったと、キャシーさんは思い入れたっぷりに報告しています。カワイハエからの出航の時にはザトウクジラが先導し、今回はイルカたちが併走したとのこと。ハワイの人たちにとって、船出の際の動物たちの併走は、とても縁起の良いものらしいです。

PVSのギャラリーには19日の出航のようすが写真で紹介されている。〈マイス〉の上で〈マカリィ〉ハカを唱えるクルーのようす、セイルを上げた〈ホクレア〉の姿などなどが目をひくわけだけど、とりわけ、チャド、ブルース、ショーティ、ナイノアの四天王が談笑している写真が気になる。いったい何を話していたんだろう? 今までこれほどバカ笑いするナイノアの姿なんて見たことがないぞ。

「船での別れって、けっこうキツイんだよなぁ」と、Uddahさんが語っていたことがある。飛行機で離陸すれば、すぐに空港が見えなくなる。電車でも駅なんてすぐに見えなくなるし、クルマであれば最寄りの角を曲がればおしまい。しかし、船はいつまで経っても陸が見えている。これは、かなり切ないものらしい。見送る側も、いつまでも水平線に残る船の姿を見ているのは、かなり……ね。

ましてやエンジンの無い船だ。〈ホクレア〉なんて船外機さえつけていない。風の力だけで、最初に目指す陸地はジョンストン環礁。「島をみつけるには、鳥を頼りの難しい航海になるだろう。次代を担う若いクルーにとって、いい試練になるはず」とナイノアは語っていた。「最初に鳥が見えた時の喜びって、とても言葉では言い表せませんよ」と、内野かなこさんも語ってくれたことがある。

そしてハワイ島の出航から22日後に、ようやく久々の陸地、マジュロの土を踏む。こうなると、陸地でしか暮らせない僕にとっては想像もできない世界だ。もはや月並みな言葉しか出てこないけど、とにかく航海の無事を祈る以外にありません。行く先々の島では、どんな歓迎を受けるのだろう。ひとまずは、マジュロで喜びを爆発させるブルースの顔を、楽しみに待っていよう。
by west2723 | 2007-01-25 06:28 | ホクレア

マカとカイウラニにもご注目を!

本日の日没と共に、つまり日本時間の13時頃、2艇のカヌーは、ハワイ島ケアラケクア湾を出航するとのこと。PVSのブログによると、寄港中の数日の間は〈マカリィ〉のスタッフが食事の用意をしてくれたらしい。彼らの作るメシは美味しいです! とにかく炭水化物が大量。しかしパスタソースの味付けなんて、ほんのり薄味で、日本人好みと言ってもいいくらいだった。新鮮なフルーツも多いので、出航前のクルーにとって、これほどありがたい食事は無かったはずだ。

出航の遅れ、そして今回のトラブルを通じて、〈ホクレア〉と〈マカリィ〉のスタッフが絆を強めたようすが文面から伝わってくる。この両者、決して仲が悪いわけではないし、互いに敬意を払ってはいるけれど、どうにも議論のかみ合わない印象があった。同じハワイのカヌーマンなのに、島が違うだけでこれほど感覚が違うものかと、端で見ていても不思議に思うくらい。しかし、共に陸上で長い時間を過ごし、共にひとつのトラブルを解決したことによって、少しずつOne Peopleになれたというわけです。これもまた、必要不可欠な出航準備だったのでしょう。

そしていよいよミクロネシアに向かう。ところで、ここハワイ島の出航から横浜のゴールまで、全航程を乗るクルーがいることに気がついた。アトウッド・マカナニとカイウラニ・マーフィーだ。マカは今なお不発弾の眠るカヌーの聖地、カフォラヴェ島に住むツワモノ。セレモニーの際にホラ貝を吹いているのがマカだ。カイウラニは〈ホクレア〉の次期ナビゲーターにふさわしいと誰もが認める女性。共に個性的な2人が日本でどのようなメッセージを残すのか、これは今から非常に楽しみだ。

ナイノアの言葉によれば「藁の山に落ちた針を探し当てるような」環礁や島々を目指す航海。とは言えキャシーさんのブログがある。情報不足によって、日本で気を揉むようなことは少ないはず。しばらくの間、僕は日本での「本業」に専念します。2月〜3月いっぱいは〈ホクレア〉とは全く関係のない別冊を作ることになってしまったので、ミクロネシアには行けない。雑誌でもテレビでも、もっと多くのメディアがミクロネシア・レグの取材に加わって、春までの「情報の空白期間」を埋めてほしいと思う。特にサタワルでは、今回の航海のクライマックスが控えているのだから。
by west2723 | 2007-01-24 08:08 | ホクレア

さて、日本レグの準備を始めなくてはいけない

無事に出航し、日本レグまでしばらく時間ができたところで、いよいよ本格的に日本国内での準備が始まります。PVSのセイルプランを見る限り、福岡〜愛媛間もナイノアが乗るとのこと。彼らもようやく関門海峡や瀬戸内海への危機感を募らせてくれたようです。いつまで経ってもチャド・ババヤーンとのミーティングができないので、けっこう日本人スタッフは慌てていました。いくら日本の海に精通したスタッフがついても、船長には逆らえないので、このあたりの人選で日本人スタッフは胃の痛む思いをしていました。船長にはミーティングに加わってもらわないと困る。傷ひとつつけず、無事に〈ホクレア〉をハワイに帰そうとしている、善意の日本人たちを裏切ることになります。

ホント言うと、4月に東シナ海を北上しようなんてこと自体がムチャらしいけど、これについてはいずれ書きましょう。

いずれにしても、日本に入ってからは〈ホクレア〉船上にいるクルーよりも、水先案内や伴走艇に乗るスタッフの役割が重要になる。PVSのセイルプランに登場している日本郵船のスタッフや、プロセイラーの西村一広さんという海洋大学OBたちに内田正洋さんも加わって、日本の海のプロたちは、サポート艇を固めるのかもしれない。カヌーの上には連絡役として、〈ホクレア〉の弁天さま、内野かなこさんが控えている。この、福岡〜愛媛間のリレーが、日本の船乗りとハワイのカヌーマンの知恵を結集させた、日本航海のハイライトになるんじゃないかと思う。
テレビ局の皆さん、ドキュメントを撮るならここですよ。
by west2723 | 2007-01-21 18:12 | ホクレア

1月19日、午後5時50分、〈マイス〉と〈ホクレア〉出航!

夕方にサウスポイントへ向かう、という情報が待機なのか出航なのかわからなかったけど、どうやら出航だったようです。ハワイの皆さま、ミクロネシアの皆さま、おめでとうございます。航海の安全と、大いなる成果を祈ります。ところで薄暮のカワイハエ出航で、サウスポイントまでは曳航かな? セイルを上げる時間には海上は暗くなっているはず。ハワイで頑張っていたプレスの人たちは、果たして撮影できるんだろうか? とにかく皆さん、お疲れさまでした。そしてもう一度、この歴史的な大航海の成功を祈りましょう!
c0090571_7363091.jpg

とりあえず、出航のもようの第一報は、2艇を見事にカメラにおさめた石川直樹さんの日記になるはずです。注目しましょう。そして明日は神戸メリケン波止場TEN×TENにて、内田正洋さんも登場する〈ホクレア〉歓迎イベントです。いいタイミングでしたね。
by west2723 | 2007-01-20 15:29 | ホクレア

Cyril Pahinui / Night Moon (Po Mahina)

c0090571_10275553.jpg現地に残って頑張っている日本人プレスのことは気がかりだけど、日本にいる我々が、出航するとかしないとか、ネットをまさぐりながら騒いでいるだけでは空しくなってきた。いずれ時は来るのだから、黙って見守りましょう。ということで、ここらで音楽でも聴きませんか? 

本日のお勧めは、このブログでもたびたび登場しているCyril Pahinuiの『Night Moon(Po Mahina)』というアルバムです。言わずと知れたスラッキーギターの「神」、Gabby Pahinuiの息子さんで、Cyrilは12弦ギターによるスラッキーで知られています。

タイトル通り、静かな月夜を思わせる、ゆるゆるで美しい演奏。ちなみに11曲目のタイトルは『KAWAIHAE』です。ハワイアンのベスト盤にもたびたび顔を出す名曲。この演奏を聴いていると、〈マイス〉と〈ホクレア〉が出航を待つあの港の、あまりにゆったり流れる時間が共有できるってぇ寸法です。
by west2723 | 2007-01-19 10:45 | 音楽