PILGRIM〜Eric Clapton

c0090571_2154241.jpgいや、あついですね。「暑い」と書くとけっこうあっさりした暑さのようだけど、ひらがなで「あつい」と書くと、東京特有の粘りのある暑さが表現できるような気がする。もう銭湯の脱衣場にでもいるような暑さ。東京は7月13日から15日までがお盆の家が多く、僕の家でも盆提灯を飾り、キュウリやナスで懐かしい人を出迎えた。キュウリは馬で、早く戻っておいでという意味。一方のナスは牛で、ゆっくり帰ってくださいという意味らしい。佃島でも盆踊りがあった。これは東京都の無形文化財らしく、太鼓と語りだけで踊る。真っ白い提灯で飾られた、それはそれは泣けてくるほど幻想的な盆踊りなのだ。

ところで話は全然変わるけど、あついというだけで脊髄反射のようにビールを飲んでいる自分にも飽きてきたなぁ、と思うことがあり、試しにスパークリングウォーターを飲んでみた。コン・ガスとも言うね。ところでこれが実にいい! 何がいいってシュワシュワ感はビールと変わらないし、酔っぱらわないところがいい。夜なんて眠くならないからギターの練習だってできるし、こうしてブログの更新もできる。銘柄は今のところ何でもOKです。ペリエでもサンペルグリノでもいいから冷蔵庫に冷やしておいて、軽くライムを絞ってできあがり。そろそろビールに疲れた方、お勧めです。

ということで本日のBGMはEric Claptonの『PILGRIM』でした。これは10年も前に出たアルバムだけど、毎年、梅雨時のまったりした夕方に聴きたくなる。なぜだろう。
by west2723 | 2008-07-16 21:00 | 音楽


<< 野茂英雄引退について語ろう! 『Live Simpley』っ... >>