「ショウガの芽」報告

4月21日に書いた「ショウガの芽」に関するその後ですが、今は何と20センチくらいに伸びてきました。いつもはベランダで放ったらかしにしてますが、鉢の土が乾いてきたら水をあげればいい、という程度に大ざっぱなヤツらしいので、メンドクサがりの僕にはちょうどいいです。

それにしても伸びるのが速いね。こいつを見ていたら「ダルマさんが転んだ」を思い出します。見ている間はじっとしているくせに、目を離したら動いているという、あれです。目を離した隙に一気に成長しているのではないだろうか?

ところで僕が子どもの頃、1970年頃の横浜市港北区あたりでは、「ダルマさんが転んだ」ではなくて「乃木さんは偉い人」でした。あの頃の横浜に、なぜそんな遊びが残っていたんだろう? この話をすると、よく「ウソだろう?」と言われますがホントなんだからしようがないよね。

20センチまで成長したとは言え、未だに葉っぱが開かずに尖った棒のような状況です。これでいいんでしょうか? ちなみにショウガというものは観葉植物にもなるし、秋にはキレイな花も咲くそうです。1年間、けっこう楽しませてくれそう。
by west2723 | 2008-05-16 19:17 | 陸での話


<< カヌーのある暮らし 慌てないということ >>