ホクレア到着! アゲイン

今日の昼、快晴の葉山マリーナにある湘南ビーチFMで、DJの人と
「あれから1年経つんですねぇ……」
なんて話をしていた。そう、あれから1年。去年のこの時間は糸満のホテルで〈カマヘレ〉からの連絡を待ちながら待機していた。その頃から〈ホクレア〉は島を見失い、翌日の昼近くまで彷徨うことになった。その間、2時間おきに起きて、ロビーに集まり、〈カマヘレ〉から送られてくる位置を確認して、再び寝て、起きて、を繰り返した。ということで、僕が日本航海で最も印象に残った1日を、ここで再録&追加しておきます。あの時の気分を、もう一度皆さんと共有したいので。

                     ●

すでにお聞きおよびの方も多いかと思いますが、24日午前1時、〈ホクレア〉は沖縄・糸満港に無事着岸いたしました。エスコートボートから視認したのは夕方5時30分頃。セイルを畳んで、〈ホクレア〉は〈カマヘレ〉に曳航されながら近づいてきました。いやはや、これまで幾度となく写真で見てきた姿ですが、ナマで、それも日本にやって来るようすを見た瞬間、僕は言葉を失いました。
c0090571_23154091.jpg
内野さんは昨日の夜、つまり沖縄のすぐ近くにいながらも島が見えない夜が、ヤップからの航程のなかでいちばんつらかったと言っていました。しかし、海の上で出会ったクルーが皆元気なのにびっくり。荒木タクジさんの表情も、海でバッタリ出会ったときとまったく変わらない。声も相変わらず大きいので、海の上ではよく通ります。いちばん疲れているのはナイノアかもしれない。そして何よりカヌーの上に4人の女性がいると、とても穏やかな印象を与えるものですね。
c0090571_19181660.jpg
内野さんを通訳に、エスコート役の西村一広さんとナイノアさんは海の上で入港の段取りを打ち合わせ。当初は「クルーが疲れているのでできるだけ近くの港に入りたい」という希望だったものが、「明朝は天気が荒れそうなので、今日のうちに糸満に入りたい」というものに変わり、急遽糸満港に連絡、などという慌ただしい作業がエスコートボートの上で続くわけです。
c0090571_2326315.jpg
速度はおよそ3.5〜4ノット。このままだと入港まで10時間はかかるね、などと話していたら、〈ホクレア〉はセイルを上げ、ちょいと速度も上がります。彼らも同じことを考えていたのでしょう。行きには2mほどあった波も、糸満に近づく頃には鏡のように穏やかになり、さらに幸運なことに、入港の頃には満潮、潮止まりを迎えていたので、かなりスムーズに入港できました。あれほどの低速で入って来ながら、けっこう小回りの効く〈ホクレア〉の性能にはちょっとびっくり。

あんな深夜にもかかわらず、200人ほどでのアットホームな歓迎。海の上からも三線と手拍子は聞こえていましたよ。陸上で見ていた人の話によると、最初に〈カマヘレ〉が入ってきた時には大歓声が上がり、続いて〈ホクレア〉が入ってきた時には静まりかえったとのこと。たしかに夜の入港というのは、なかなか神秘的なものでした。ホントは2艇を泊める場所が暗くて見えないので、岸壁で待つ知り合いに電話をかけ、クルマのハザードを出してもらって確認、なんていう原始的な方法で着岸したのでした。
c0090571_21585233.jpg
気になったのは、夜の場合はアウトリガーカヌーやカヤックがエスコートボートからは視認しにくいこと。気持ちはよーくわかるけど、大きな船を先に行かせましょう。もうひとつ驚いたのは2艇を舫うロープを受け取る相手がおらず、港で取材していた内田正洋さんと、一緒に見ていた彼のサバニ仲間が急いで駆けつけて〈ホクレア〉と〈カマヘレ〉をようやく着岸させたこと。この期におよんで陸からのサポートが組まれていないことには慌てました。このような段取りは、今後の寄港地での小さいようでいて非常に大きな課題となりそう。

写真は「発見後」間もない時の〈ホクレア〉クルーです。非常に寒かったし、全員防寒着でフル装備なんだけど、マカナニさんだけは上半身ハダカでした。下の写真は言うまでもなく、ヨットの姿をした〈鋼鉄船・カマヘレ〉。この船、あんなに揺れるものとは思っていなかった。

                    ●

以下は1年後の今、思い出すあの日の話です。

「発見」後、僕たちの乗っていた漁船を先頭に、〈カマヘレ〉と〈ホクレア〉がついてくる。漁船は彼らに合わせて速度を落とさなくてはならないので、揺れること揺れること。この状態で10時間かよぉ〜、と、最初は逃げ出せるものなら逃げ出したい気分だった。しかし、その速度にも慣れる頃には日も暮れて、〈ホクレア〉の緑色の灯りを眺めながら僕はとても幸せな気分になっていった。

陸上の誰かに、無性に電話をしたくなった。茅ヶ崎のYASUはどうだろう?
「来たぜ!〈ホクレア〉を見つけたぜ!今一緒にいる!みんなに伝えといて!」
「わっかりやしたぁ〜」
日本航海終了後、この電話の相手がハワイまで〈カマヘレ〉を返しに行くことになるなんて、この時は考えもしなかった。

「ホクレアの上に見える星、何だかわかりますか?」
海王丸から助っ人に来てくれていた奥一等航海士が、すっかり疲れ切った僕に声をかけてくれた。
「あの星がホクレアですよ。ホクレアとホクレアのツーショット、凄いですよね!」

沖縄の人たち、陸から海を見ている人たち、沖を行くこの船が何だかわかるかな? あの陸地に住む人の何人くらいが〈ホクレア〉を知っているんだろう? こうしてはるばる日本まで来てくれたけど、これからいったいどうなるんだろう? 果たして歓迎されるんだろうか、それぞれの寄港地に人は集まってくれるんだろうか? すっかり闇に変わった海の上で、かなり不安な気分にもなった。

徹夜で待機していたので、時折眠気に襲われる。再び目を覚ますと、そこには相変わらず〈ホクレア〉の緑の灯りが揺れていた。不思議だった。あのカヌーと一緒にいるだけで、どうしてこれほど幸せな気分になれるんだろう。ところで、あれは本当に〈ホクレア〉なんだろうか? 何も抵抗できない海の上で、不安やら疑いやら幸福感やらが勝手気ままに顔を覗かせる。もうどうなってもいいや。あの船が何者であろうと、あの船を無事に着岸させることだけを考えればいいのだ。

やがて海が鏡のように鎮まる頃、糸満港への入港が始まった。暗闇の中、クランク状の港の入り口を注意深く進む。後ろから来る2艇のために、懐中電灯で岸壁を照らす。
「ホクレア、もっと左だよ! そのまま行くとぶつかるだろう!」
奥一等航海士が叫ぶ。
「いや、違うか。あそこから曲がる気なんだ。凄いなぁ。ホクレアってあんなに小回りが効くのか」

慶良間諸島を拠点に置くシーカヤックガイド、大城敏さんは用意しておいたジェットスキーに乗り換え、2艇に着岸の指示を出しに行く。いよいよ本番だ。遠くから風に乗って手拍子のようなものが聞こえてきた。もうすっかり深夜なのに、出迎えの人たちがいる! 
あの船が本当に〈ホクレア〉だったことを、あの手拍子を聞いた時に実感したような気がする。着岸場所を知らせるためのクルマのハザードを確認した後、僕たちの船は〈カマヘレ〉に道を譲り、その後を静かに、ホンモノの〈ホクレア〉が通り過ぎて行った。暗闇の糸満港でマカさんのホラ貝が日本への到着を伝えた。岸壁で待つ人たちから盛大な歓声が上がった。
by west2723 | 2008-04-22 21:35 | ホクレア


<< 江ノ島に新たな伝説 ショウガの芽 >>