ダブルハル・ブログ

シンポジウム・ブログも順調に航海を始めました。僕の場合、向こうでは管理人、こっちでは主催者ということで行ったり来たりしていると、ダブルハル・カヌーの上で忙しく働いているような気分になって楽しいです。それにしても、向こうはその道のプロが集まっているだけに、話は海よりも深いです。どの本にも載っていないような研究途上の話ばかりで、ホントに昨年7月のシンポジウムのようになってきました。これでナイノアが出てきたりしたら、すごいことになるだろうな。

そんな中、〈ホクレア〉横浜寄港で頑張ってくれた方からイベントの告知が届きました。こちらにも紹介しておきましょう。

今月30日に横浜にて独立行政法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)所有の船「みらい」「かいれい」の一般公開があります。
「みらい」は、海水温度や塩分濃度、潮流を計測することで海洋の熱循環、大気と海との二酸化炭素の循環メカニズム、プランクトンなどの生態系、海底の堆積物などを調べることが主な役割の海洋地球研究船で、「かいれい」は、世界最深のマリアナ海溝チャレンジャー海淵(水深10,911m)の潜航に成功した無人探査機「かいこう」の母船として建造され、現在は無人探査機の潜航支援など各々の調査目的に適合した調査機器を使い分けて調査を行っている深海調査研究船です。[JAMSTECホームページより抜粋]

なんか難しい単語が並んでるけど、これってすごく大事な役割を持った船なんじゃないかなと思って、この場を借りて紹介させていただきました。しかも「かいれい」は、2001年にハワイ・ホノルル沖の「えひめ丸」沈没海域で遺留物を回収した船だったりします。

http://www.jamstec.go.jp/j/pr/ship/mirai/index.html
by west2723 | 2008-03-19 20:59 | 陸での話


<< ナイノア・トンプソン氏宅、火災の件 ケンカ上等!! がんばれ岩村明憲!! >>