大山街道行き倒れラン

神奈川県民のココロの故郷、誰もがその名を聞いたことがあるのにどこにあるのかわからない、謎の大山街道を走破しようと思い立って2週間が過ぎた。ホントはこの連休初日に赤坂御門をスタートして、さっさと鬱陶しい東京レグ、つまり二子玉あたりまで走り終えてしまう予定だったんだけど、重度の二日酔いに見舞われてあえなく中止。2日目は雪で中止。そして今日、寝過ごしたため午後遅い時間に近所からスタートすることにしました。

とりあえず海老名駅に出て、そこからどっちに向かおうか考えたんだけど、もう日もかなり傾いて来ているし、初日なので軽く、ということで東京方向へ向かいました。走り出せば暖かく、かなり快適じゃありませんか。こんなことだったらもっと早く出てくればよかった、なんて後悔している間もなく旧246の望地交差点。ここの左の細い道が大山街道なのだ。ここから眺める大山はキレイです。

スペック上はほんの数キロなんだけど、けっこうアップダウンがあることと、交通量が多いことと、歩道がないことに萎えてしまう。だいたい旧街道って歩道のない場合が多いよね。なんて初日からモンクばかり言いたくないので、とにかく我慢しながらゆっくり走る。味も素っ気もない工業団地を通過。何なんだ、工場から漏れてくる、このケミカルな臭いは!

相鉄線さがみ野駅。ここを道なりに行かず、踏切を渡って真っ直ぐ行くのだ。事前に調べておいたのだ。でもまあ、この道が呆れるくらいに真っ直ぐだったなぁ。最近作られた道ならともかく、旧街道の頃から真っ直ぐだったらしい。振り向けばたしかに、この一本道は大山を目指していることがわかる。やがて246にぶつかり、信号を渡ったり側道に逸れたりしながら旧大山街道に戻る。

今日は鶴間までにしておこうかな、と思う。走りながら溝の口まで22キロの表示を発見。意外に短いもんなんだな、と思う。来週末、電車で溝の口まで行き、ここまで走って帰ってこようかと思う。とにかく、走っていると思うことが多いね。何を考えているわけでもないんだけど。そうこうしているうちに鶴間駅に到着。今日はここまで。用意しておいたウエアを重ね着して、電車に乗るのだ。

家に帰って『キョリ測』で見てみたら、今日の走行距離はちょうど10キロだった。初日としては上出来と言っておこう。
by west2723 | 2008-02-11 17:47 | 陸での話


<< 海王丸とホクレア 〈えひめ丸〉事件から7年 >>