『ホクレア号、西へ向かう』閉店は今月末まで延期します。

このブログもそろそろ役目を終えたかな、なんて書いて以降、いろいろな人から「ブログやめちゃうんだって?」と聞かれたりメールをいただいたりしました。けっこう意外な人が見ていてくれたようで、今さらながら〈ホクレア人気〉を再認識したもんです。でも「やめる」というニュアンスじゃないんだよなぁ。もともとこのブログは日本航海に備えて〈ホクレア〉の知名度を上げ、日本航海本番では各寄港地に向けた「業務連絡」に使うつもりだったので、〈ホクレア〉が無事に帰った今、自ずと役目を終えるものだと思っていたわけです。

とは言え、語り尽くしていなかったこともいくつか。たとえば右下のhirocchiさんのコメントをご覧下さい。僕はいいとして、長い間〈ホクレア〉来航を望んでいた人たちの努力は、この日本航海で報われたのか、彼らはこの結果をどのように感じているのか、非常に気になっています。だからこそ29日のシンポジウムは重要です。彼らはこれから、日本航海の成果をどのようにカタチに変えて行くのか、ここに集まった皆さんと共に見守ったり手伝ったりしたいと思っています。ひとまず7月は南山大学の後藤明先生が勝負に出ているので、もう少しおつき合い。このブログの最後の挨拶はちょいと先に延ばします。それまではゆるく開店してますので、これまで通りコメントを残してください。

今から4年前、僕は雑誌の仕事を通じて、まずは〈ホクレア〉の存在を多くの人に知らせたいと思いました。続いて今年、ハワイ州観光局の方々が、誰にもできなかった日本航海を実現させてくれました。そして航海も無事に終わった今後は、〈ホクレア〉がカラダを張って伝えようとした「理想」を各々の人たちが実践する段階に入ります。その点において、国立海洋大学、国立科学博物館、沖縄・海洋博公園にある海洋文化館などなどの教育機関が足並みを揃えてくれたことは、非常に心強いことです。僕も再び学生として、海洋大学に入りたいくらいです。次のブログは、この人たちの中から登場してほしいと思うのだけど、どうだろう?

ところで今日は七夕。東京は曇り空です。皆さんの街から、織り姫&彦星は見えますか?
by west2723 | 2007-07-07 12:56 | ホクレア


<< 今はもう、まるで秋の気分 ありがとう〈ホクレア号〉〜その... >>