UAMAU

c0090571_10382789.jpg
宇和島水産高校での献花を終えたところで、クルーによるハワイアン・ソングのコーラスが始まった。チャド・パイションのギターにウクレレが1人。短いフレーズが繰り返される鎮魂歌で、最初は数人で歌い始めたものが最後にはほぼ全員のコーラスになった。ナイノアもサビの部分だけは加わっていたぞ。時折雨の降る潮風の中で、見せてもらったよ、ハワイアンのハート。

僕はけっこうハワイアンを聴いているつもりだけど、この曲は初めてだった。チャドの説明によると、タイトルは『UAMAU』で、魂の永遠を歌ったものらしい。日本語の「敬う」に似ているね、と言ったら、リスペクトか、意味は繋がるかもしれないな、とチャド。テレビは宇和島のCATV、NHK、テレビ新広島(!)が入っていたので、いずれかの局で流れたかもしれません。
by west2723 | 2007-05-30 10:54 | ホクレア


<< カニの爪の干物 5月29日、宇和島では雨が降っ... >>