熊本の夜も熱かったようだね!

熊本で実行委員に加わっていたギタリストのChasin' Dragonさんから連絡が入りました。かなりいい感じだったんですね。地元の漁師さんによる神業的な接岸、当日予定されていた〈ホクレア〉歓迎ライブにクルーが飛び入り出演、などなどだそうで、詳しくは彼のブログにて。いい話です。

ところでPVSのブログにも宇土のようすが登場しましたね。天気の悪い中、多くの人が〈ホクレア〉の体験搭乗に集まったようです。文字通りの老若男女で賑わう〈ホクレア〉っていうのも凄いけど、その真ん中に笑顔で応対する荒木汰久治さんがいる。日本人クルーってホントにありがたい存在なんだなぁ、と思います。連休中、貴重な経験をした子どもたちは、忘れないように日記に書いておくようにね。学校で校長先生に自慢してもよろしい。

到着するなり、クルーたちは日本式のB&B(つまり旅館なんだろうね)に泊まり、畳の上に寝て日本式の風呂に入って居酒屋に行ってカラオケに行って……。なかなか濃い観光をしておられるもよう。レポートを書いたカイマナさんによると、熊本の人々は驚くほど親切で、アロハに溢れている、との感想でした。何よりです。

ところで航海計画当初のテーマであった「日系移民への感謝」なんだけど、関係者の方々とは何らかの交流が行われたり、メッセージを出したり、などということはできているのだろうか? 沖縄でも今回でも、スケジュールや後からの報道を見る限り、この肝心のテーマが伝わってこないので気になります。もっともクルーにとって、今のスケジュールをこなすだけでも精一杯だと思うけどね。
by west2723 | 2007-05-06 11:49 | ホクレア


<< そもそも〈ホクレア〉は、なぜ日... 海洋文化館でのナイノア >>