ホクレア到着!

すでにお聞きおよびの方も多いかと思いますが、24日午前1時、〈ホクレア〉は沖縄・糸満港に無事着岸いたしました。エスコートボートから〈ホクレア〉を視認したのは夕方5時30分頃。セイルを畳んで、〈カマヘレ〉に曳航されながら近づいてきました。いやはや、これまで幾度となく写真で見てきた姿ですが、ナマで、それも日本にやって来るようすを見た瞬間、僕は言葉を失いました。
c0090571_23154091.jpg
内野さんは昨日の夜、つまり沖縄のすぐ近くにいながらも島が見えない夜が、ヤップからの航程のなかでいちばんつらかったと言っていました。しかし、海の上で出会ったクルーが皆元気なのにびっくり。荒木タクジさんの表情も、海でバッタリ出会ったときとまったく変わらない。声も相変わらず大きいので、海の上ではよく通ります。いちばん疲れているのはナイノアかもしれない。そして何よりカヌーの上に4人の女性がいると、とても穏やかな印象を与えるものですね。
c0090571_19181660.jpg
内野さんを通訳に、エスコート役の西村一広さんとナイノアさんは海の上で入港の段取りを打ち合わせ。当初は「クルーが疲れているのでできるだけ近くの港に入りたい」という希望だったものが、「明朝は天気が荒れそうなので、今日のうちに糸満に入りたい」というものに変わり、急遽糸満港に連絡、などという慌ただしい作業がエスコートボートの上で続くわけです。
c0090571_2326315.jpg
速度はおよそ3.5〜4ノット。このままだと入港まで10時間はかかるね、などと話していたら、〈ホクレア〉はセイルを上げ、ちょいと速度も上がります。彼らも同じことを考えていたのでしょう。行きには2mほどあった波も、糸満に近づく頃には鏡のように穏やかになり、さらに幸運なことに、入港の頃には満潮、潮止まりを迎えていたので、かなりスムーズに入港できました。あれほどの低速で入って来ながら、けっこう小回りの効く〈ホクレア〉の性能にはちょっとびっくり。

あんな深夜にもかかわらず、200人ほどでのアットホームな歓迎。海の上からも三線と手拍子は聞こえていましたよ。陸上で見ていた人の話によると、最初に〈カマヘレ〉が入ってきた時には大歓声が上がり、続いて〈ホクレア〉が入ってきた時には静まりかえったとのこと。たしかに夜の入港というのは、なかなか神秘的なものでした。ホントは2艇を泊める場所が暗くて見えないので、岸壁で待つ知り合いに電話をかけ、クルマのハザードを出してもらって確認、なんていう原始的な方法で着岸したのでした。
c0090571_21585233.jpg
気になったのは、夜の場合はアウトリガーカヌーやカヤックがエスコートボートからは視認しにくいこと。気持ちはよーくわかるけど、大きな船を先に行かせましょう。もうひとつ驚いたのは2艇を舫うロープを受け取る相手がおらず、港で取材していた内田正洋さんと、一緒に見ていた彼のサバニ仲間が急いで駆けつけて〈ホクレア〉と〈カマヘレ〉をようやく着岸させたこと。この期におよんで陸からのサポートが組まれていないことには慌てました。このような段取りは、今後の寄港地での小さいようでいて非常に大きな課題となりそう。

写真は「発見後」間もない時の〈ホクレア〉クルーです。非常に寒かったし、全員防寒着でフル装備なんだけど、マカナニさんだけは上半身ハダカでした。下の写真は言うまでもなく、ヨットの姿をした〈鋼鉄船・カマヘレ〉。この船、あんなに揺れるものとは思っていなかった。
by west2723 | 2007-04-24 12:42 | ホクレア


<< 過密スケジュールがとても気になる 島が見えた! >>