伴走艇から

c0090571_16115580.jpg
ミクロネシアを行く〈ホクレア〉の写真が届いた。ということは〈ホクレア〉は今、ネット環境のあるどこかの島にいるということなんだろうけど、もうヤップなのかな?
 
ところでこの写真を撮影した内野かなこさんは、パラオから〈ホクレア〉に乗り、いよいよ日本を目指すという。パラオ〜沖縄間の海域はそろそろ台風発生のシーズンに入るので、出発は慎重になる。おそらくパラオ到着後すぐに準備に入り、海の機嫌が良ければすぐに沖縄を目指すし、ご機嫌が悪ければハワイ島を出発する時のように、じっくりとタイミングを待つことになる。つまりパラオ出航を見届けないことには、沖縄到着の日程も読めないというわけだ。

内田正洋さんは〈ホクレア〉が到着する前にパラオに入り、日本航海の最後のミーティングに入る。そして出航を見届けてから日本に戻り、出迎えの準備に入るそうだ。パラオ〜沖縄間は約12日。その間に準備しなくてはならないというわけ。宿の予約、移動の準備、いろいろタイヘンです。つまり、〈ホクレア〉は本当に日本を目指しています。皆さんも、そろそろ心とカラダと時間の準備を。
なお、沖縄での歓迎セレモニーの詳細はこちらをご覧ください。
by west2723 | 2007-03-25 16:11 | ホクレア


<< まだ、BSフジには間に合う シンクロとフィギュアでこんがらがる >>