避難港のこととか入管とか

セイルプランを眺めていたら、何やら急ぎ始めたようすが伝わってくる。ハワイでのスタートが遅れたから、おそらくパラオ〜沖縄間の台風を気にしているのだろう。あの海域は4月に入ると急に台風が多くなるらしいので、かなり要注意ですね。もしもの場合、避難はフィリピンあたりになるのだろうか? その場合、どの国の誰が〈ホクレア〉やクルーの面倒を見るのだろう? 

そして、沖縄が近づくにつれて向かい風が強くなる。その場合は台湾でも石垣島でも、あらゆる港に避難できる体勢はできているんだろうか、なんてことをふと思った。強い季節風の中、入国手続きは海の上だなんて、そんな気の利かないことを日本国政府にはやって欲しくない。ましてや避難が夜になった場合、入管の係官が出勤してくるまで海の上で待たされるなんてことはないよね?

余計な心配で済めばいいけれど、まだ先の話のようでいて、1ヶ月後に〈ホクレア〉はミクロネシアレグを終えて日本に向かっているはずです。あらゆる事態を想定して、そろそろお役所関係にも準備に入ってもらわないといけないはずだけど、もう始まっているのかな。
by west2723 | 2007-03-12 01:34 | ホクレア


<< バカ大臣をバカにしよう! チューク〜サタワル、どうなるん... >>