ガイアの旗の下に

c0090571_1315788.jpg
熱帯域から温帯域へ、北上してくる時期が良くない。無事に辿り着いた後も、海というよりも川と言うべき関門海峡や瀬戸内海を無事にクリアできるのか、決して油断はできない。非力な〈カマヘレ〉に、あの海域であれほど大きなカヌーを曳航できないんじゃないか……などなど、日本のスタッフを悩ませるいろいろな課題を残したまま〈ホクレア〉は日本に向かってます。もちろん不安はあるけれど、来るとなったら航海の無事を願い、最大限のおもてなしするのが我々の務めというものです。

しかし、まだまだおカネが足りない。とりあえず、クルーの宿泊、移動にかかる費用すら充分とは言えない状態らしい。これまではハワイ州観光局が孤軍奮闘してきたけれど、こうして歓迎ムードも盛り上がってきたし、だったら全国各地で〈ホクレア〉を待つ人たちが横で繋がって、みんなでクルーの滞在費くらい払ってやろうじゃん、となるのが人情というもの。とは言え、名もない我々が始めても人は集まらないだろうなぁ、なんて思っていたところに、『ガイア・シンフォニー』の龍村仁監督が立ち上がってくれました。募金の詳細はこちらをご覧ください。

募金は〈ホクレア〉が日本にいる間は続けます。集まったおカネは金額を報告した後にハワイ州観光局に渡され、日本航海終了後、観光局から収支の詳細が公表されるそうです。まず何より始めることが大切だったので、募金としての体裁はこれから整うことでしょう。もしもチャリティイベントなどを企画されている方がいらっしゃいましたら、この募金の下にまとまった方が事務処理の点で何かとスムーズになると思います。

ところでこの4月末、『地球交響曲〜第6番』が公開されます。試写にはお邪魔できなかったんだけど、今回はラヴィ・シャンカールが登場します。それだけでも今から楽しみでなりませぬ。
by west2723 | 2007-03-09 21:26 | ホクレア


<< チューク〜サタワル、どうなるん... いざっ! サタワル! >>