走るといふこと

江ノ島のアウトリガーカヌークラブでは早くも海開きだそうで、3日にリギング、4日には今年最初の練習を行ったそうです。〈ホクレア〉もやってくるシーズンの始まりです。4日、つまり今日は暖かかったからキモチ良かったんだろうなぁ。せめて今年乗るカヌーの組み立てくらいには顔を出したかったんだけど、前夜遅くまでの仕事があって顔を出せませんでした。スミマセヌ。

そんじゃ今日は1日何をしていたのかというと、ずっと走っていました。自転車じゃなくてランの方です。お正月頃に一気に距離が伸び始めたものの、2月の中旬あたりから時間がなくなってきて、最近は週1ペースに落ちていた。となると現状維持が精一杯なんだけど、暑い夏になるまでにはハーフくらい走れるようになっておきたい。ということで、僕はもうしばらく陸上部として頑張ります。



ふと気づけば空前のランブームなんだね。東京マラソン、よかったもんなぁ。普段はクルマのためにある靖国通りや銀座中央通りが、往復6車線、すべてランナーのために開放されるヨロコビ。いいもんです。特に女性の間で大ブームで、会社帰りのOLさんたちが、皇居の近くの銭湯にバッグを置いて皇居を走り、帰りに銭湯に寄るなんてスタイルで頑張っているらしい。このブームに対して、あまりにお気軽な自己実現だなどと冷ややかなことを言う人もいるけれど、キモチ良くて身も心も健康にもなれるんだったらそれでいいじゃん、と思う。やらないよりもやった方が絶対にいい。

今日あたり、自転車に乗ってもキモチいい天気だったはずだけど、もう少し走らせてもらいます。ほら、長い時間自転車に乗ると、降りた時にうまく歩けないことってあるでしょう? あれってカラダがフレームの一部になってしまうからだと思うんです。自転車があって初めて走れるカラダ、言い換えれば自転車が無いと走れないカラダにはなりたくない。ということで、当分の間は自力で行こう。もちろん、ランで作られる心肺機能は自転車をさらに快適に変えてくれるはず。エンジンを持たないカヌーと同じことだよ。たとえカラダひとつでも、無事に行って帰ってくることが大切なんだから。
by west2723 | 2007-03-04 23:37 | 陸での話


<< いざっ! サタワル! モデムが壊れました >>