日本人クルーの休業補償

日本航海の難所には、頼れる日本人クルーが新たに数名加わってくれるもようです。ここに「学校の先生を乗せたい」というナイノアの意向が通れば、それで日本人クルーのメンバーは固まることでしょう。海図を見ながらのナイノアとの議論は深夜にまで及んだようで、これでようやく、ハワイと日本の間で問題を共有することができたようです。もちろん共有できたというだけで、まだまだ解決したとは言えないはずですが。

ところで気になるのは日本人クルーの休業補償という問題。〈ホクレア〉の航海にはカネがかかると言われる大きな理由に、クルーの休業補償があります。が、これが日本人クルーに適用されるとは聞いていない。今のところ決まっている日本人クルーは、一人が会社員で、あとは皆さんフリーランスです。フリーランスはシゴトをしない限りは収入が無い。また、シゴトを断らないと、この期間の航海にはつきあえない。

と言うのに、中にはチュークから搭乗し、パラオでは海洋調査のための写真撮影を行い、それから沖縄まで、合計約4ヶ月間〈ホクレア〉に係りっきりになるクルーもいる。そんな彼らのために、スポンサー探しに奔走するクルーもいる。なぜオレがここまでしなきゃイカンのか、なんて愚痴のひとつもこぼさずに動いています。PVSの皆さん、日本で〈ホクレア〉のためにカラダを張っている人たちを、必ずフォローしてあげてくださいね。そして、スポンサーになってもいいよ、という方がいらっしゃいましたら、関係者との間は繋ぎますので、非公開メールでご一報ください。
by west2723 | 2006-12-22 11:35 | ホクレア


<< 日本航海への不安、その2 聖地カフォラヴェ >>