聖地カフォラヴェ

カワイハエ出航は6日の夜になるらしい。だからカワイハエ出港時は取材撮影不可能。〈ホクレア〉と〈マイス〉は、まずマウイ島近くの聖地カフォラヴェへ10時間ほどかけて向かい、そこでもう一度セレモニーを行い、そこからいよいよ本気で昼間にミクロネシアに向かう、とのこと。だから取材が始まるのはそこから。なお、カフォラヴェにはカヌー関係者以外は上陸できない。つまりハワイ島からカフォラヴェまで、僕たちはまる1日間、激しく揺れるナイノアの操縦する伴走ボートの上にいて、そのままカワイハエへ戻るってわけです。体力勝負になってきました。しようがねぇ、覚悟しておこう。せめて晴れてくれれば、夜通し星を眺めるくらいのことはできるかな。

ということからもわかる通り、出港時にナイノアは〈ホクレア〉に乗っていないんだね。
これからの〈ホクレア〉の活動は、次の世代が担って行くということなのでしょう。
by west2723 | 2006-12-21 02:38 | ホクレア


<< 日本人クルーの休業補償 日本航海への不安、その1 >>