出迎えのためのお問い合わせ先

最近、来航時に何かやりたいんだけどどうすればいい? という相談を受けることが多くなった。とは言え僕もイベント全体を把握しているわけではありません。現状を把握しているとすればハワイ州観光局だろうけど、まだ、どの寄港地にも出迎えの組織ができているわけではないので、はっきりした回答はできないはずです。寄港地で窓口となるのは各自治体なので、何か急ぐ用事があれば、たらい回し覚悟で問い合わせの電話を入れる以外に無いでしょう。

この窓口をはっきりさせるために、目下、観光局の人たちが各寄港地の自治体を回っています。出張に次ぐ出張で、ホントに大変そうです。自治体も、窓口が「県」になるのか「市」になるのか寄港地によって違うようで、市が窓口になるのは熊本・宇土市、愛媛・宇和島市(熊本と宇和島には「出迎え実行委員会」のような組織ができるようです)、そして横浜市港湾局といったところ。どの自治体も港湾関係か国際交流関係の部署が受け持つことになるようなのでご参考まで。

何かと曖昧ではありますが、ひとつだけ確かなこと。それは〈ホクレア〉が西に向かうために、着実に修理を重ねているということです。今日、現地で修理を手伝っている友人から写真が送られてきましたが、それを見ていて、初めて「ホントに〈ホクレア〉が動き始めたんだなぁ」と実感しました。

大丈夫。カヌーは飛行機じゃありません。ゆっくりやってくるので、隣の街を出たという連絡を受けてからでも出迎えは間に合います。連絡が入ってから海に行けばいいんです。大げさにコトを構えようとすると肩すかしをくらいます。気長にいないと、100年単位でモノゴトを考える〈ホクレア〉とは、とてもつき合って行けません。シンプルに、身軽に待ちましょう。
by west2723 | 2006-11-11 01:22 | 陸での話


<< 瀬戸内カヤック横断隊 冬を呼ぶ低気圧 >>