TVの4分、準備に3ヶ月

日本全国のカゼをひいている皆さん、いかがお過ごしですか? 僕はもうダメです。寝ても寝ても治りません。週明けは長野の山の上で撮影だというのに、その後は怒濤の入稿ラッシュだというのに、いったいどうなってしまうんだろう? それにしても、こんな時期になぜカゼが流行るんだろう。編集部はほとんど学級閉鎖になりそうな勢いなのだ。

そんな昨日の夕方、〈ホクレア〉来航をニュースで伝えるべく頑張っている民放キー局の報道カメラマンに会った。来年1月に予定されている〈ホクレア〉のハワイ出航を、昼のニュースでたった4分間伝えるために企画書を書いたり上司の了解を取ったりの毎日を送っている。僕らシロートには4分くらいどうってことないじゃん、と思えてしまうんだけど、ニュース番組から4分獲得するのは大変なことらしい。しかも数ヶ月後のニュースだというのに、今から根回しをしないと間に合わない。

レッサーパンダが二本の脚で立ちました、なんてヒマネタを流すくらいなら〈ホクレア〉を流してもよさそうなものだけど、ネット各局にはテリトリーがあって、たとえば関東の局が関東以外の土地で取材するには大変な壁があるんだという。つまり東京の局からは沖縄到着の取材にも行けない。ハワイ出航はどうかというと、〈ホクレア〉のハワイ出航は「事件」ではなく、あくまでレッサーパンダ同様の「ヒマネタ」に属するため、出張許可はなかなか下りないらしい。民放キー局なんて取材費使い放題、全国どこにでも行けるもだと思っていたけど、そうでもないんだなぁ。

ひとりの報道カメラマンがテレビ局を動かす。しかもゴールは数ヶ月後のたったの4分。
「ナイノアの話と人柄に惚れちゃったんですよね。これは絶対に僕が伝えなくてはならないと思ったんです。4分間のコンテは、もう完璧にできてるんです。せめて出航シーンだけでもハイビジョンに収めておきたいですよ」
メディアの世界にまたひとり『ホクレア熱』の患者が現れた。アロハだ、歓迎しよう。
その4分間を見逃すわけには行かない。来年の話だけど、放映のスケジュールがわかったら皆さんにもお知らせします。彼の努力が報われるよう、皆さん、祈ってあげてください。
by west2723 | 2006-10-28 12:05 | 陸での話


<< 秋の雷 サンドアイランド >>