Nainoa-san, Thank you for your visiting Japan. MAHALO

今日の夕方の飛行機で帰るという話だったから、今頃はもう、あの眩しい陽射しのホノルルに到着しているはずだ。帰ってしまうとさびしいもんだね。なんて、僕はただの追っかけ取材だからラクなもんだったけど、ハワイ州観光局の人たちは、今頃、祭りの後のような気分なのかもしれない。ホントに胃の痛む毎日を送っていたはずだから。

Uddhaさんも大変だった。すべて「聞いてないよ」という状況の中、福岡ではカヤックを漕ぐことになり、東京では他の予定をキャンセルして天王洲までカヌーとカヤックを運んでくれたり、ナイノアにつきあったり。ついでに記者会見では日本航海のクルーとして突然に名前を発表されて慌てたりした。観光局スタッフのきめ細やかな段取りと、Uddhaさんの潤滑油のような役割がなければ、今回の来日はスムーズには進まなかったことと思う。日本航海の本番もそうなるのかな?
c0090571_022066.jpg
改めて自分にできることは何かと考える。僕は雑誌が本職なので、とにかく〈ホクレア〉を知らない人のために知らせることがこれまでの担当だった。「ま〜たオマエ、その話かよ」なんて言われながらもページを奪い、通常のシゴトの合間を縫って原稿を書き、今でも隙あらば1冊まるごとゲットを目論んでいる。でも、僕にできることはそこまでなのだ。メディアもいろいろ集まってきたので、そろそろ他のメディアにも勉強してもらおう。そしてこれからは、陸上からのサポートや、メディアを持たない一般の人たちと一緒に出迎える方法も探らなくてはいけない。

僕のルーツは玄海灘なのだ。とは言え九州で育ったことは無いんだけど、先日も福岡の海を漕ぐナイノアの姿を見ながら、なぜかとても懐かしい思いに揺さぶられていた。だから僕は休みを取ってでも九州に行こうと思う。双眼鏡を持って波戸岬の先端に行けば、福岡に向かう〈ホクレア〉を拝むことができるかもしれない。何たって、あそこからは壱岐まで見えるからな。1個500円という、かなり暴利なサザエの壺焼きを買って、アイスボックスに缶ビールを入れて、沖を行く2本のセールを眺める。それが今の僕個人にとって、最大の〈ホクレア〉プロジェクトになりそうだ。
by west2723 | 2006-09-29 00:03 | ホクレア


<< まるで地球のような空の色 Nainoa in Tokyo >>