ナイノア・トンプソン氏からのメッセージ

日本でお世話になるみなさまへ

伝統航海術の師マウ・ピアイルグが
多くの人に惜しまれながら他界しました。

マウの生き様にふれた日本のみなさんにも伝えてほしいと
ナイノアからメッセージを預かりましたので
お届け致します。(ホクレアクルー・内野加奈子さんより。以下、内野さん訳)


数限りない人々の心に捉えた、本当に素晴らしくかけがえのない一人の人間、伝統航海術師マウを知る世界中の方々に、大きな悲しみと共にお知らせします。

私たちの師、マウがこの世を去りました。マウは故郷サタワル島で、これまで彼が航海でいつもそうしてきたように、大きな勇気と力をもって、彼の病、そして彼の人生をナビゲートしていました。

マウに、マウの家族に、サタワル島に、首長たちに、
そしてミクロネシアのすべての島々に感謝を捧げたいと思います。
わたしたちが海の民であることを思い出させてくれた彼らに。
彼らがこの35年の間に授けてくれた数えきれない教えに。

マウがハワイ、ポリネシア、そして太平洋の全ての島々に与えてくれたものは計り知れません。
マウへ、マウの家族へ、そしてサタワル島の人々へ、私たちが送りうるすべての愛とアロハを送ります。
マウの教え子たちへの一番の願いは、学び続けること、そして教え続けていくことでした。
そしてそのためには航海し続けることが必要です。
マウはハワイを愛し、ハワイの人々を愛していました。
マウの愛したハワイのコミュニティを巡る航海を行おうと思います。
マウを讃えるために、そしてマウが私たちに願ったこと、海を渡り、学び、教えることを形にするために。

ナイノア・トンプソン

なお、原文でのメッセージはこちらで→http://www.hokuleawwv.org/home
by west2723 | 2010-07-13 13:36 | ホクレア


<< 佃の盆踊り マウ・ピアイルグ師が亡くなられ... >>