日本から来た人たちは決して偉そうにせず、ハワイアンと共に働いた

写真家のニック加藤さん、亡くなったタイガー・エスペリさん、そして僕の三人で、マウイ島の東端にあるハナの街まで小さな旅に出たことがある。周防大島の宿で本を読みながら、僕はふと、この旅のことを思い出していた。

あの時は宿も決めずにハナの街に入り、木造の建物が素敵な『ハセガワ・マーケット』に入って近所の宿を探し、ニックさんの提案で日系人の夫婦が経営する小さなB&Bに入ったのだった。70代と思しき初老のご夫婦で、すでに日系二世とのこと。その時ご主人は外出中だったものの、みんな時間は充分にあったので、奥さんの昔話をいろいろ聞くことができた。

まず驚いたことは、非常にきちんとした、明治時代を思わせるような日本式の挨拶で迎えてくれたことだ。僕はとても恐縮したけれど、彼らにとってはそれが日常なのだろうと思うことにして、平静を装っていた。おそらく、すでに亡くなったというご両親は、ハワイに渡ってくる前の明治時代の「躾」で、この女性を育てていたのだろう。つまり日系ハワイアンの古い世代は、明治時代の日本人そのままの立ち居振る舞いで、今のハワイを生きていることになる。日系ハワイアンのご老人に会うと、亡くなった祖母に会うような懐かしい気分になるのは、きっとそういう理由によるものなのだろう。

「この街に入る手前で、頂上に椰子の木が生えた島が見えたでしょう? あの椰子の木は、私の父が60年以上も前に植えたものなんですよ」
c0090571_20343463.jpg
翌朝、あの島を見に行こうと提案したのはタイガーだった。
「日本人は本当に多くのことをハワイに伝えてくれたんだ。ハワイアンを労働者として使いながら、自分たちだけが金持ちになって行くような他の国の連中とは、そこが違っていた。ハワイアンと一緒に働きながら、ハワイアンたちに、自然の中で生きるいろいろな知恵や技術を残してくれたんだ。あの椰子の木を見ておけよ。あの木は、そんな優しい日系人たちの心、そのものじゃないか」

なぜ日本人だけがネイティブのハワイアンに溶け込み、共に生き抜くことができたのか、僕には想像でしか語ることはできない。しかし客観的な事実として、共に「島」に住んでいるということには注目しておきたいと思う。お互いに海に囲まれ、島から逃げて行くことはできない。住民どうしが共に協調しながら、海と自然と向き合い、自然からの恵みを分け合いながら生きて行く以外にない。そんな感覚が、はるか南の島からカヌーに乗って移り住んだハワイアンのDNAと、日本列島に住む日本人のDNAの中に、共通して宿っていたのではないか。
c0090571_6321826.jpg
今、ハワイ独自の文化とされるものの中に、日本の文化とハワイの文化が融合して生まれたものはどのくらいあるのだろう? よく知られている通り、アロハシャツは、ハワイに渡って間もない日系の人が、和服の布地をハワイの風土に合わせて作り直したのが始まりだ。今では「弁当」も「豆腐」も、すっかりハワイのランチメニューに加わった。そして今回は、周防大島の古い木造家屋を眺めながら、映画になったホノカアや、ヒロの木造家屋を僕は思い出していた。あのような昔懐かしいハワイの町並みもまた、日本の木造建築をハワイに持ち込んでできたものではないか、と想像するのだ。ちなみにホノカアの街なみには、主に熊本出身の人々が住んでいたと聞いている。観客たちはスクリーンに映し出されるホノカアの街に、昔の日本を見ているのかもしれない。

僕も含め、ハワイに憧れて、ハワイの音楽や風俗を学ぶ人は非常に多い。だったら一度、日系ハワイアンの歴史を辿ってみてはどうだろう? 日本人どうしが、日本にいながら「アロハ!」なんて慣れない挨拶を交わすよりも、フラもハワイアンキルトもアウトリガーカヌーもスラックキーギターも何もかも、より深く理解できるに違いない。
これは3年前、〈ホクレア〉と関わりながら、いつも感じていたことだ。ハワイがわかれば日本がわかる。そして日本がわからなければ、決してハワイを知ることはできない。僕は今でもそう思っている。
by west2723 | 2010-06-02 20:36 | 陸での話


<< 周防大島〜その1 沖家室(おきかむろ)島〜天国に... >>