Into the Purple Valley

去年の秋、出版社からの脱藩者となった僕としては、ぜひとも龍馬の脱藩ルートを辿って土佐を脱出してみたかった。しかし、前の晩から四国全域が豪雨に見舞われ、とても山道を走れる状態ではない。ということで脱藩ルートは次回に譲って、高知市内からおとなしく高速道路に乗った。週末だから、土佐から長州まで高速割引料金で行ける。がしかし、坂本龍馬が望んだのは果たしてこういうヨノナカだったのかどうか。

にしても四国の山は険しい。高知から北へ向かう高速道路の半分はトンネルなんじゃないだろうか? 道の両側を山が包み込むような感じ。時折スコールのような雨が襲いかかる。僕のアタマの中では、昨日の夜以来、ペギー葉山さんの(この人、今の若いモンたちは知らないんだろうなぁ)「南ぁん国ぅ〜土ぉ〜佐ぁ〜を、後にぃ〜しぃ〜て〜」という曲が鳴りっぱなしなんだけど、一方で、ビジュアル的にはライ・クーダーの『Into the Purple Valley』のジャケ写が浮かんでは消えていた。そのジャケ写とはこんな感じ。ただし、隣に女の子は座っていなかったわけだが。
c0090571_2231119.jpg
高速道路が谷を越えるとき、ちらりと昔の峠道が見える。この険しい道を、今のようなアウトドア装備も無く、木綿の服とワラジだけを頼りに、追われる身として逃げ出すのはホントに命がけだったはずだ。無事愛媛県に出るまで、いったい何日くらいかかったのだろう。試しに今、トレイルランニングの装備に一日分の食事を用意して同じルートを走ったとしても、これほど深い山には何が潜んでいるかわからない。かなり危険だと思う。

峠を越え、愛媛県側に入ると、雨は幾分小降りになった。ところで「しまなみ海道」へ向かうには、いったん高速道路を降りなくてはならないんだね。知らなかった。てことは、高速料金は2000円になるということか。去年の暮れにも走ったしまなみ海道、アロハ・アゲイン。この道は自転車でも渡れるんだけど、あいにくこの天気では試す気にはなれない。往復でちょうど100マイルくらいのコースではないだろうか? ここもまた、次の機会に来よう。いずれにしても、四国という島は2日や3日で回れるはずもない。次回は秋頃、2週間くらい空けて、じっくり来ないといけないな。
by west2723 | 2010-05-31 22:33 | 陸での話


<< 周防大島に到着 桂浜 >>